種類別にチェック!ファクタリング利用の一般的な流れとは?

ファクタリングを効果的に活用するには、利用するための一般的な流れをきちんと押さえておく必要があります。ファクタリングに関する知識を備えておくことで、悪徳業者を見極める力もついてくるでしょう。ファクタリングは単に手数料の面だけではなく、サービス内容についても理解を深めておく必要があります。経営状況に応じて、柔軟に対応していくことが経営を安定化させるうえで大切です。ファクタリングを利用するときの流れについて詳しく解説します。

2社間ファクタリングの一般的な流れ

ファクタリングは保有する売掛債権を専門業者に買い取ってもらうことによって、現金化する手法のことを指します。銀行融資などと比べて、早期に資金調達を行える点がメリットだといえるでしょう。サービスとしては大きく分けて、「2社間ファクタリング」と「3社間ファクタリング」があります。2社間ファクタリングは、利用者と業者との間で契約を交わすため、売掛先が契約内容に関与することがありません。したがって、売掛先にバレずに資金調達を行えるといったメリットがあるのです。企業によっては売掛先との関係が悪化してしまうことを心配する場面もあるでしょう。2社間ファクタリングでは、そうした心配を取り除ける点が最も大きな特徴なのです。

手続きの流れとしては、売掛金が発生したらファクタリング会社と契約を結びます。契約内容に従って、ファクタリング会社が売掛債権の査定額から手数料を差し引いた金額を利用者が指定する口座に振り込むことになるのです。そして、売掛先から利用者に売掛金が入金された段階で、その代金をファクタリング会社に送金すれば契約は完了します。契約にあたって、債権譲渡登記を行う必要があるので、その分の実費の負担もあることを押さえておきましょう。

 

3社間ファクタリングの一般的な流れ

3社間ファクタリングは利用者と業者に加えて、売掛先も契約に直接関与します。売掛金が発生したら、売掛先にファクタリングを行うための承諾を得ましょう。業者によっては売掛先への説明に同行してくれるところもあるので、必要に応じて依頼することが大切です。そして、利用者・業者・売掛先の間で契約を締結した後に、査定額から手数料が引かれた金額が利用者の指定口座に振り込まれます。ただ、売掛先の承諾を得なければならないので、場合によっては時間がかかってしまう点に注意しておきましょう。即日入金を希望する場合には、2社間ファクタリングの利用を検討してみる必要もあります。

3社間ファクタリングでは、売掛先からファクタリング会社に売掛金が直接入金される形となるので、利用者側での手続きはそれほど多くありません。業種によってはファクタリングによる資金調達に前向きな業界もあるので、売掛先との関係性を考慮しながら利用を検討してみましょう。

 

申込みから入金までの一般的な流れ

ファクタリングサービスを利用するためには、電話やWebサイトから申込を行います。ファクタリング会社によっては、問い合わせの段階で仮審査が行われるので、尋ねられた質問には誠実に答えるようにしましょう。会社の規模や借入状況、売掛債権に関する情報などが聞かれる場合が多いので、手元に必要な資料を用意しておくとスムーズです。そして、審査に進むためには必要書類を提出しなければなりません。基本的に、提出すべき書類がそろってから審査が始まるので、資金調達を急ぐときには書類に漏れがないように気をつけておきましょう。

本審査を通過すると、ファクタリング会社まで赴いて契約を交わします。契約書の内容や費用について説明を受けるので、疑問が残らないように不明点は担当者に確認しましょう。手渡された契約書の控えは、契約が終了してからもトラブルを避けるために必要になるので、大切に保管しておく必要があります。契約は基本的に対面で行うものの、遠方に住んでいるという場合には、出張査定や郵送による査定も受け付けてくれるところもあります。必要に応じて、担当者と相談をして都合の良い方法で契約を交わしましょう。そして、査定額から手数料を差し引いた金額が利用者の指定口座に振り込まれます。3社間ファクタリングの場合は、売掛金が直接ファクタリング会社に入金されるので、利用者側で取るべき手続きはありません。2社間ファクタリングの場合であれば、売掛先から入金があった段階でファクタリング会社へ速やかに送金を行いましょう。

 

ファクタリング審査で必要な書類をチェックしよう

ファクタリングを利用するためには、審査を通過する必要があります。審査は利用者が提出した書類をもとに行われるので、書類の漏れや不備がないように準備しておきましょう。利用者の本人確認書類や登記簿謄本、直近2期分の決算書などが必要になります。ファクタリングの審査では売掛債権の関する情報が重視されるため、売掛先との契約書や売掛金の存在を証明する書類も併せて提出しましょう。また、状況に応じて通帳のコピーや資金繰り表、他社からの借入状況を示す書類も提出します。

ファクタリング会社によって、審査のために必要となる書類の種類も異なってくるので、担当者によく確認することが大切です。また、当然ながら提出する書類は事実に基づいたものである必要があります。「審査を確実に通過したい」という気持ちから虚偽の申告をしてしまえば、本来通過できたはずの審査も断られてしまう可能性もあるでしょう。何よりも、虚偽の申告が発覚すればファクタリング会社との信頼関係が大きく損なわれてしまうので、安易な行動は控えておくことが肝心です。提出する書類のなかで何か困ってしまったときには、まずは担当者に連絡することを心がけましょう。

 

ファクタリング手数料の相場と内訳も確認!

ファクタリング会社は利用者が支払う手数料によって利益を出しているので、サービスを利用するときには手数料の相場や内訳にも意識を向けておく必要があります。一般的に、2社間ファクタリングでは10~30%、3社間ファクタリングでは1~5%の手数料となっているのです。3社間ファクタリングのほうが手数料の面で割安なのは、売掛先が契約に直接絡むためであり、ファクタリング会社としても未回収リスクが低くなるからです。売掛先の承諾が得られるときには、3社間ファクタリングの利用を検討してみると良いでしょう。

2社間ファクタリングでは手数料とは別に、債権譲渡登記の費用も必要になります。債権譲渡登記は利用者が売掛債権を二重譲渡してしまうことを防ぐためのものであり、通常の場合は司法書士に依頼します。専門家に支払う報酬に加えて、印紙代や登録免許税の支払いがあるので、あらかじめ見積書を作成してもらい総額を確認しておくようにしましょう。また、自らファクタリング会社に赴いて契約を交わせないときには、出張査定の費用も必要になります。往復の交通費などを負担することになるので、どれくらいの費用がいるのかを担当者に尋ねておくことが大切です。

 

審査に通過するためのポイントとは?

ファクタリングの審査に通過するためには、いくつかのポイントを押さえておく必要があります。まず、ファクタリングの審査では売掛債権の信用力が重視されるので、信頼度の高い売掛先を選ぶようにしましょう。上場企業や政府系機関に対する売掛債権であれば、未回収リスクも低くなるためファクタリング会社も買い取りに積極的になってくれます。売掛債権の信用力が低い場合は、信用調査に時間がかかってしまい、場合によっては買い取ってもらえない可能性もあるのです。資金調達を迅速に行う必要があるときには、できる限り信用度の高い売掛債権を選んでみましょう。

売掛先の承諾が得られそうな場合は、3社間ファクタリングによる契約を結ぶことも大切です。売掛先も交えて契約を結ぶことによって、ファクタリング会社としても売掛債権の信用調査にかける手間が少なくなります。売掛先から直接回収できるため、審査が通過する可能性も高くなるのです。また、ファクタリングサービスを申し込む際には誠実な姿勢で臨むようにしましょう。ファクタリングは商取引である以上、利用者の人柄も審査に影響します。虚偽の申告を行えば、信頼を損ねてしまって審査を通過できなくなってしまう恐れもあるので注意しておきましょう。

 

診療報酬ファクタリングの一般的な流れ

ファクタリングサービスのなかには、診療報酬ファクタリングというものがあります。これは、医療機関とファクタリング会社が契約を結ぶものであり、診療報酬を請求する債権を買い取ってもらうものです。一般的な流れとしては、ファクタリング会社と契約を行った後に、医療機関から国保・健保・協会けんぽへ債権譲渡通知を行います。査定額から手数料を引いた金額が医療機関に支払われ、その後にレセプト(診療行為にかかった費用の明細)をもとに診療報酬を請求することになるのです。国保・健保・協会けんぽによるレセプト審査が行われた後に、ファクタリング会社へ診療報酬が支払われます。そして、ファクタリング会社が買取金額の残額を医療機関へ支払って、契約完了です。

診療報酬ファクタリングでは、売掛先が国や自治体などとなるためファクタリング会社としても積極的に債権を買い取りたいという背景があるでしょう。また、医療機関としても毎月発生する診療報酬を前倒しで現金化できるので、とても魅力的な資金調達方法なのです。

 

保証ファクタリングの一般的な流れ

保証ファクタリングは、いわば保険の役割を担うサービスのことを指すものです。流れとしては利用者が売掛先に商品やサービスを提供して売掛金が発生したら、ファクタリング会社との間で保証契約を結びます。所定の手数料を支払って保証を受け、契約期間中に何事もなければ売掛先から売掛金が支払われることになるのです。もし、売掛先が支払い不能に陥ってしまったときには、ファクタリング会社が利用者へ保証額を支払うことになります。

保証ファクタリングの大きな特徴は、売掛債権そのものを手放さずに、保証が受けられる点です。特に、建設業など1件あたりの工事金額が大きく、代金が支払われるまでの期間が長い業種に向いているサービスです。建設業では元請企業が支払い不能に陥ってしまうと、資本力の弱い下請企業は連鎖倒産をしてしまう可能性もあります。あらかじめ保証ファクタリング契約を結んでおくことによって、経営リスクを低くすることができるのです。

 

国際ファクタリングの一般的な流れ

国際ファクタリングは、海外の企業との間で貿易を行うときに活用できるサービスです。バイヤーから受注をした段階で、利用者がバイヤーに対して国際ファクタリングの利用を通知します。そして、利用者からの依頼を受けてファクタリング会社が海外のファクタリング会社へ信用保証引受依頼を行うのです。海外のファクタリング会社はバイヤーの信用調査を行い、日本のファクタリング会社へ保証引受額を通知します。さらに、利用者に保証引受額が通知されて、輸出品を船積みする形です。バイヤーは海外のファクタリング会社に代金を支払い、海外のファクタリング会社から日本のファクタリング会社へ支払いが行われます。そして、利用者に対して支払いが行われることで契約が完了する仕組みです。

海外企業との取引を行う場合、相手企業に対する信用調査は難しい面もあります。国際ファクタリングのサービスを利用することによって、現地のファクタリング会社が信用調査を行ってくれる点がメリットだといえるでしょう。また、災害に見舞われてしまって船積みしていた輸出品に被害が出てしまう恐れもあります。貿易によるリスクを抑えながら取引が行えるため、国際ファクタリングは利用者にとって利便性の高いサービスなのです。貿易は専門知識も必要となるので、実績のあるファクタリング会社を利用することを心がけましょう。

 

流れを把握してスムーズなファクタリング利用を

ファクタリングを利用する流れは、サービスの種類によって異なります。スムーズに契約を進めていくためには、それぞれのサービスの流れを把握しておくことが大切です。業種や業界によって積極的に活用されているサービスも違うので、自社の事業内容や経営状況に合わせてどのサービスを利用すべきか検討してみましょう。ファクタリングは銀行融資と比べて審査もスピーディーに行われるため、資金調達だけでなくビジネスチャンスを活かしていくことにも役立ちます。必要なときにサービスを活用するためにも、実績のあるファクタリング会社を見つけておくことも重要です。基本的に売掛債権があれば、どのような業種でも利用可能であるため、まずは気軽に相談をしてみると良いでしょう。