病院が診療報酬ファクタリングを利用するメリットとは?

ファクタリングサービスのなかには、病院などの医療機関が活用できるものもあります。「診療報酬ファクタリング」は毎月発生する診療報酬をもとにして資金調達を行う方法です。必要に応じて活用していけば、病院経営を安定化させる一つの有効な手段となるでしょう。ただ、その一方でデメリットもあるため、利用するタイミングをしっかりと見極めておく必要があるでしょう。診療報酬ファクタリングを利用する際のポイントについて紹介します。

医療専門!診療報酬ファクタリングとは?

診療報酬ファクタリングは、医療機関が国民健康保険や全国健康保険協会、健康保険組合から受け取る医療報酬を早期に現金化する方法のことです。医療機関のなかには病院やクリニック、調剤薬局や介護施設などが含まれます。そして、診療報酬は医療行為を行った対価として医療機関が受け取る報酬のことであり、患者が1~3割を負担して残りを国保などが負担する仕組みです。患者に医療行為を施してから、実際に診療報酬を受け取るまでには時間がかかるため、経営状況によっては資金繰りが悪化してしまうこともあるでしょう。資金繰りの問題を解決するために、診療報酬ファクタリングサービスが活用できるのです。

診療報酬ファクタリングは早期に資金繰りが改善できるというメリットのほかに、審査基準がゆるめであり、手数料がほかのサービスよりも安いといった特徴があります。また、債権譲渡通知に伴うリスクもないので、安心してサービスを利用できるのです。ファクタリングサービスを利用するときには、実績のある業者を選ぶようにするとさまざまなアドバイスを受けられるでしょう。

 

診療報酬ファクタリング利用時の流れ

診療報酬ファクタリングを利用するためには、どのような流れで手続きを進めていくのかを押さえておきましょう。一般的な流れとしては、医療機関とファクタリング会社との間で契約を結んだ後に、医療機関から国民健康保険・健康保険組合・全国健康保険協会に債権譲渡通知を行います。そして、ファクタリング会社から査定額の70~80%が医療機関に振り込まれるのです。医療機関は国保・健保・協会けんぽに対して診療報酬の請求を行い、レセプト審査(医療行為を行ったときに発生した費用の審査)を受けます。問題がなければ、国保などの公的機関からファクタリング会社に対して診療報酬が支払われます。ファクタリング会社は査定額の残額を医療機関に支払って、契約完了です。

ファクタリングの申込は電話やWebサイトから行えるので、まずは気軽に相談してみると良いでしょう。サービス内容や必要となる書類について担当者に尋ねておくと、手続きをスムーズに行えるはずです。また、業者によっては初回の問い合わせが仮審査といった位置づけのところもあるので、経営状況や借入総額、診療報酬債権に関する情報を尋ねられることもあります。あらかじめ手元に資料を用意して、誠実に情報を伝えるようにしましょう。

 

診療報酬のレセプト審査とは?

診療報酬を請求する際には、「レセプト審査」を受ける必要があります。レセプトとは診療報酬明細書のことを指しており、保険診療のルールに従って作成するものです。レセプト審査では、ルールと照らし合わせて正しいものであるかが判断され、問題がなければ医療機関に診療報酬が支払われます。ただし、レセプトに不備があったり、架空請求を行ったりすると審査に通らない可能性もあるのです。こういったリスクがあるため、ファクタリング会社は査定額の70~80%を最初に支払い、診療報酬が支払われた後に残額を支払う形となっています。

診療報酬を請求してからレセプト審査を経て、診療報酬が支払われるまでには通常2~3カ月程度の時間を必要とするものです。診療報酬ファクタリングを活用すれば、入金のサイクルを早められるメリットがあります。

 

病院にとってのメリット1:早期現金化

医療機関が診療報酬ファクタリングを利用するメリットとして、早期に現金化ができる点があげられます。通常の場合は患者に診療を行ってから診療報酬を受け取るまでに、2~3カ月の期間を必要とするでしょう。資本力の弱い医療機関では、医師やスタッフへの人件費の支払いや設備投資などによって資金繰りが悪化してしまう可能性もあります。医療機関の規模が大きければ大きいほど、必要となる資金もかさんでしまうので経営が苦しくなってしまいがちです。安定的な経営を行うためには、手元の現金を増やしておく必要があるのでファクタリングが役立つといえます。売上が上がっているにもかかわらず、手元資金が少ないときには診療報酬ファクタリングのメリットを活かせるはずです。

 

病院にとってのメリット2:審査がゆるめ

診療報酬ファクタリングの特徴としてあげられる点は、審査基準がゆるめであることです。銀行融資の場合では、経営状況や財務内容が審査において重視されるため、赤字決算や債務超過に陥っていると融資を受けるのが難しいでしょう。しかし、診療報酬ファクタリングでは診療報酬債権があれば利用できるので、医療機関の経営状況はあまり問題となりません。売掛先が国民健康保険や全国健康保険協会のように国の組織であるため、ファクタリング会社としても安心して債権の買取が行えます。未回収リスクがほとんどないので手数料も低めに設定されており、審査に通りやすいといった特徴があるのです。

銀行融資では審査基準が一般的に厳しく、融資を申し込んだからといって必ずしも必要な資金が確保できるわけではありません。医療ローンは審査が銀行融資ほど厳しくないものの、高い金利を負担しなければならないというデメリットがあります。また、提出する書類も多く、審査に時間がかかってしまう場合もあるため注意が必要です。早期に資金調達を行う方法として、診療報酬ファクタリングによる資金調達を考えてみると良いでしょう。

 

病院にとってのメリット3:資金繰り改善

診療報酬ファクタリングを活用するメリットとしては、資金繰りの改善があげられます。医療機関を経営していくためには、良い医師を集めるために高額の報酬を支払ったり、最新の医療機器を購入したりする必要があるものです。経営のために必要なコストを抑えてしまうと、業務に支障が出てしまうこともあり、患者数が減ってしまう可能性もあります。診療報酬ファクタリングによって必要な資金を確保することによって、資金繰りを改善して経営をより良い方向に進めていくことができるでしょう。

診療報酬ファクタリングは、医療機関が保有する診療報酬債権を現金化するだけなので、負債が増えてしまうこともありません。返済や利息の支払いを行わないで済みますし、信用情報に影響を与えることもないのです。銀行融資を検討する場合であっても、初めにファクタリングを行っておくほうがスムーズにもなります。ファクタリングは資産のオフバランス化を図るのに有効であり、資産を圧縮することによって財務体質を強化できるのです。自己資本比率が高くなれば、対外的には「負債の割合が少なく、堅実な経営を行っている」という印象を与えられるでしょう。金融機関からの評価も高まるので、その後の資金調達も行いやすくなり、資金繰りを改善する手段の幅をさらに広げられるはずです。

 

病院にとってのメリット4:債権譲渡通知がノンリスク

通常のファクタリングでは、契約形態によって債権譲渡通知が売掛先に送られることがあります。債権譲渡通知が送られてしまうと、売掛先によっては「売掛債権を譲渡しないといけないほど、資金繰りが厳しいのか」といった誤解を招いてしまう恐れもあるでしょう。風評被害が起こってしまうことで、その後の取引に悪影響が出てしまうのではないかと不安になってしまうケースもあります。ファクタリングそのものは合法的な資金調達手段であるものの、日本ではまだ馴染みが薄い面があるため、経営に影響を与えてしまう場面もあるのです。

しかし、診療報酬ファクタリングでは売掛先が公的機関であるため、債権譲渡通知が送られたからといって影響はありません。国保などの公的機関ではファクタリングの活用を認めているので、安心して利用ができます。診療報酬債権さえあれば、必要に応じてファクタリングが利用できるという点は大きなメリットでもあります。

 

病院にとってのメリット5:手数料が安い

診療報酬債権は売掛先が公的機関であるため、ファクタリング会社にとっては債権の未回収リスクがとても低いといえます。通常のファクタリングサービスと比べても、貸し倒れのリスクが低いので割安な手数料の設定となっているのです。診療報酬ファクタリングにおける手数料の相場は、毎月0.5~2%となっています。銀行融資などの金利と比べても、魅力的な手数料の水準でもあるのです。資金調達を検討するうえでは、調達のためのコストがいくらかかるのかといった視点は大切になります。

ただ、一般的な相場よりも異様に低い手数料を設定している業者には警戒も必要です。割安な手数料を謳っておきながら、契約の段階になって不当に高い手数料を要求してくる業者もいます。また、ファクタリングを装ったヤミ金業者もいるので、契約を結ぶときには契約内容や手数料の部分を細かくチェックしてみましょう。ファクタリングは商取引であるため、非課税取引であり消費税は発生しません。仮に、消費税を請求してくる業者であれば悪徳業者である可能性があるので契約を控えたほうが無難です。特に、初めてファクタリングサービスを利用するときには、複数の業者に見積書を依頼するなどしてよく検討することが大切です。支払う手数料とサービス内容を比較したうえで、どの業者を利用するのか検討してみましょう。

 

病院にとってのデメリット:利益は減る

医療機関が診療報酬ファクタリングを利用するデメリットは、得られる利益が減ってしまう点があげられます。手数料は割安に設定されているものの、本来期日まで待てば得られたはずの金額よりも、どうしても少ないものになってしまうのです。また、いったんサービスを利用し始めると、利用しないサイクルに戻るのが困難となってしまう傾向にあります。途中でサービスの利用を止めるためには、何の入金もない月が発生してしまうので、なかなか止められないといった状況になるのです。

そして、診療報酬ファクタリングでは債権の全額を最初から買い取ってもらえるわけではありません。掛目(債権や担保などを評価するときの比率)が設定されているので、最初は額面の70~80%の金額しか振り込まれません。サービスを利用するときには、必要となる資金額を明確にしたうえで、うまく活用していくことが大切です。また、恒常的にサービスを利用すれば、その分だけ利益が失われてしまうので注意が必要です。損益の面から考えれば、売上の総額は変わらないものの、ファクタリング手数料が発生してしまうため結果的に経常利益は小さくなってしまいます。貸借対照表では問題がない一方で、損益計算書には少なからず影響を与える点に注意しておきましょう。

金融機関によっては、経常利益率の悪化を指摘してくる場合もあるので、銀行融資も考えているときには財務内容をチェックしておく必要があります。経営状況や事業の見通しなどを確認したうえで、ファクタリングのメリットを活かしていくことが大切です。

 

診療報酬ファクタリングを賢く利用しよう!

医療機関は診療を行っても、実際に診療報酬を得られるまでの期間は長いという課題を抱えています。資本力がそれほど強くなければ、人件費や設備投資などの負担が苦しい場合もあるでしょう。資金繰りに問題がない状態にしておくためには、診療報酬ファクタリングの活用を検討してみるのも一つの方法です。ファクタリング会社としても貸し倒れのリスクが低いため、割安な手数料でサービスを提供しています。銀行融資の場合は審査から入金までに1カ月以上かかってしまうこともあるものの、ファクタリングであれば遅くても数日以内に入金が可能です。急に資金繰りが悪化してしまったときには、早期に問題を解決できる手段となるので有効活用してみましょう。

また、ファクタリングサービスを行っている会社は数多くあるので、手数料やサービス内容を比較して優良な業者を探しておくことも肝心です。なかには法外な手数料を要求してくる悪徳業者もいるので、診療報酬ファクタリングの契約を結ぶ際には注意しておきましょう。業者の実績や評判をしっかりと確認したうえで、最適な業者を選んでいくことが大切です。そのためにも、時間的に余裕がある時期に業者についての情報を収集しておくと良いでしょう。信頼できる業者を見つけたうえで、サービスを賢く利用することが重要です。