ファクタリング方式には種類がある!それぞれのメリット・デメリット


企業が資金調達を行う方法としては、金融機関から融資を受けたり、株式を発行して出資を受けたりする方法があります。また、保有している売上債権を現金化するファクタリングも有効は資金調達方法のひとつです。ファクタリングをうまく活用できれば、資金調達の選択肢が広がります。ファクタリングを利用するにあたっては、複数あるファクタリング方式の特徴を理解しておくことが大切です。そこで「一括ファクタリング」と「でんさい(電子記録債権)ファクタリング」に関して仕組みやメリット・デメリットなどをお伝えします。

ファクタリングの仕組みと基礎知識

ファクタリングとは、売掛債権をファクタリング会社に買い取ってもらい現金化する資金調達方法のことです。ファクタリングの仕組みを理解するためには、ファクタリングの流れを把握するとよいでしょう。
まず、商品の納品やサービスの提供によって売上が発生すると同時に、売上代金請求権である売掛金が生じます。通常は、売掛金の支払期日まで待つことで資金を回収しますが、早期に現金化したい場合はファクタリング会社と契約することで売掛債権を買い取ってもらうことが可能です。ファクタリング契約にあたっては、売掛先企業との請求金額確認が行われます。その後は、ファクタリング会社への請求金額通知と売掛先企業との最終確認です。売掛債権を売却した企業は、ファクタリング会社から売掛金回収日前に資金の支払いを受けることになります。売掛先企業からファクタリング会社に支払いが行われることでファクタリングは完了です。
一般的なファクタリングは、債権譲渡企業とファクタリング会社、売掛先企業の3社間で契約を行いますが、売掛先企業を除く2社間で契約することもあります。2社間契約であれば、売掛先企業にファクタリングの事実を知られることなく現金化可能です。

 

一括ファクタリング方式のメリットとは?

2社間もしくは3社間でファクタリング契約を行う方式を一括ファクタリングといいます。一括ファクタリングによる資金調達を行うメリットは5つです。
1つ目は、売掛金支払い期日前に売掛債権を現金化できることです。早期に資金が必要になる場合は、有効な選択肢となるでしょう。2つ目は、融資やビジネスローンと比較した場合に審査が通りやすいことです。ファクタリング利用時にも審査はありますが、売掛金という資産を譲り受けることになりますのでファクタリング会社のリスクは小さくなります。3つ目は売掛先が倒産しても支払いリスクは発生しないことです。売掛先企業が倒産した場合に請求を受けるタイプのファクタリングもありますが、そうでないタイプのファクタリングを選択すればリスクを回避できます。
4つ目のメリットは、ファクタリングは融資ではないことです。支払利息負担が発生しないだけでなく、融資を断わられた時にも利用できます。また、融資ではないため信用情報にも影響がなく、貸借対照表時の負債が増加することも避けられる点がメリットです。さらに、担保や保証人も要求されません。5つ目は、債権譲渡企業・売掛先企業ともに手形の発行の手間や印紙代などの管理コストが不要になることです。

 

一括ファクタリング方式にはデメリットもある

一括ファクタリングには多くのメリットがありますが、デメリットもあります。主なデメリットは4つです。1つ目は、手数料が発生することです。ファクタリングを利用して売掛債権を譲渡した場合に受け取ることができる資金は、売掛金の額面金額から一定の掛け目により減額されます。理由は、ファクタリング会社が一定の手数料を差し引いたうえで支払うからです。手数料はファクタリング会社の貸し倒れリスクに対する備えや利益になります。
2つ目は、3社間ファクタリングを利用する場合、売掛先企業にファクタリングによる資金調達の事実が通知されることです。売掛先企業によっては、融資を受けられないためファクタリングを利用したと考えて財務状況が悪いと判断される可能性もあります。その結果、取引継続に悪影響を及ぼすリスクがあることを理解しておく必要があるでしょう。また、売掛先企業の承諾などにより手続きの期間が長くなる点もデメリットと言えます。
3つ目は、債権譲渡登記が必要になる可能性があることです。すべてのケースではありませんが、ファクタリング契約によっては債権譲渡登記が求められます。契約前に確認しておくことが必要です。4つ目は、売掛先企業にとっては、手形のほうが支払いまでの猶予期間が長くなることです。3社間契約の場合は、障害となる可能性があります。

 

でんさい(電子記録債権)ファクタリングの特徴とメリット・デメリット

ファクタリングの方式には、一括ファクタリング以外にもでんさいファクタリング方式があります。でんさいファクタリングの「でんさい」とは、電子記録債権のことです。電子記録債権は、株式会社全銀電子債権ネットワークに登録されており、債権譲渡を行う場合は、そのシステムを利用して譲渡することになります。電子記録による債権管理は、請求書ベースの債権管理の記録・証拠機能が乏しいというデメリットがありません。電子記録であるため、簡単にウェブ上での債権管理を行うことが可能です。そのため、今後の主流になる可能性がある債権管理方法として注目されています。
一括ファクタリングとの違いは、債権譲渡企業と金融機関のあいだに、でんさいネットが介在することです。でんさいファクタリングを利用するメリットは、新たにファクタリング契約を締結する必要がないことでしょう。デメリットは、でんさいネットに登録した債権だけしか利用できないことです。
でんさいファクタリングの特徴としては、保証が存在することが挙げられます。債権譲渡が行われたあと、売掛先企業が倒産して売掛金の支払いが行われなかった場合、債権譲渡企業は多額の請求を受ける可能性があることを理解しておきましょう。

 

自社に合ったファクタリング方式を選ぼう

資金調達を行う場合は、金融機関からの融資だけでなくファクタリングの利用も検討してみましょう。融資ではなく資産譲渡ですので、支払利息を支払う必要がなく信用情報にも影響がありません。早期に現金を手に入れたい場合には、有効な選択肢となるでしょう。ただし、どんなタイプのファクタリングを利用するかは慎重に検討する必要があります。一括ファクタリングには2社間契約と3社間契約があり、それぞれ特徴が違います。また、電子記録債権であれば、でんさいファクタリングの活用も可能です。経済産業省もファクタリングの利用を勧めていますので、資金調達の選択肢を広げるためにも、積極的にファクタリングの活用を検討してみましょう。