ファクタリング利用で仕訳は変わる?売掛取引との違いを解説

資金調達を検討している社長や個人事業主には、金融機関からの融資を受けるだけでなく、売掛金を売却して資金を受け取るファクタリングを利用するという選択肢もあります。ファクタリングを利用する際は、仕組みや契約内容を理解することが重要ですが、正しい仕訳を作成して適切に会計処理することも大切です。そこで、ファクタリングを利用した場合の仕訳の方法や、仕訳からわかるファクタリングのメリットなどについて紹介します。

売掛取引とファクタリング利用時の仕訳の違いとは?

ファクタリングの会計処理を把握するためには、一般的な売掛取引の会計処理を理解しておくことが欠かせません。ファクタリングは、売掛金を譲渡する取引です。通常の売掛取引によって売掛金を保有していなければ、ファクタリングを利用することができません。売掛金がどのように発生してくるのか、通常の売掛金はどのように回収されるのかを、仕訳を通して理解しておくことが重要です。

売掛取引では、売上とともに売掛金が発生します。売掛金とは、あとでお金を受け取ることができる債権です。売掛先が約束した支払日に支払うことによって、売掛金という債権は消滅し、現金化を実現できます。売上1000万円で売掛取引を行った場合、売掛金が発生する段階の仕訳は、「借方:売掛金1000万円/貸方:売上1000万円」です。借方に売掛金という資産の増加を記載し、貸方で売上という収益の増加を認識します。

売掛取引は、売掛先が代金を支払った段階で完了です。普通預金に入金される場合、支払いを受ける段階での仕訳は、「借方:普通預金1000万円/貸方:売掛金1000万円」となります。借方で預金資産の増加を認識し、貸方で売掛金の消滅を記録することが必要です。これで、売上という収益が、普通預金増加という形で現金化したことになります。

通常の売掛取引に加えてファクタリングを行う場合は、売掛金が発生したあとで、ファクタリング会社との契約を締結し売掛金を譲渡します。さらに、売掛金売却代金入金の認識も必要です。それぞれ、会計処理を行うことが必要です。具体的な会計処理方法は、契約形態によって異なります。

 

2社間ファクタリングの仕組みと仕訳方法

ファクタリングには、2社間ファクタリングと3社間ファクタリングという2種類の形態があります。まず、2社間ファクタリングに関する仕組みと仕訳の方法についてです。2社間ファクタリングでは、売掛金譲渡会社とファクタリング会社で契約を交わします。2社間ファクタリングの特徴は、売掛金譲渡会社が2回入金を受けることです。ファクタリング契約をした段階で売掛金をファクタリング会社に譲渡し、売却代金を受け取ります。これが1回目の入金です。2回目は、売掛金の決済が行われるときです。売掛先会社は、ファクタリングが行われた通知を受け取らないため、ファクタリングの事実を認識していません。そのため、売掛金譲渡会社に支払いをします。

売掛金譲渡とファクタリング会社からの入金、売掛先からの入金、それぞれのタイミングで会計処理を行うことが必要です。売上1000万円、ファクタリング手数料100万円、入金先が普通預金の場合、ファクタリング契約時の仕訳は、「借方:未収金1000万円/貸方:売掛金1000万円」となります。売掛金売却代金からはファクタリング手数料が控除されるため、ファクタリング会社からの入金額は900万円です。仕訳は、「借方:普通預金900万円、売掛債権譲渡損100万円/貸方:未収金1000万円」となります。ファクタリング手数料は、売掛債権譲渡損という勘定科目で処理することがポイントです。

さらに、2社間ファクタリングでは、売掛金譲渡会社は売掛先からの入金を受けます。ただし、売掛金はファクタリング会社に譲渡しているため、受け取った資金は直ちにファクタリング会社への送金が必要です。入金時の仕訳は、「借方:普通預金1000万円/貸方:預り金1000万円」となります。受け取り資金はファクタリング会社のものであるため、貸方は預り金勘定の使用が適切です。ファクタリング会社に送金したときの仕訳は、「借方:預り金1000万円/貸方:普通預金1000万円」となります。これらすべての処理を終えれば、2社間ファクタリングの会計処理は完了です。

 

3社間ファクタリングの仕組みと仕訳方法

続いて、3社間ファクタリングの仕組みと仕訳の方法です。3社間ファクタリングでは、売掛金譲渡会社とファクタリング会社だけでなく、売掛先会社も契約当事者となります。売掛先会社はファクタリングの通知を受けるため、売掛金の支払先はファクタリング会社になることが2社間ファクタリングとの相違点です。そのため、3社間ファクタリングの会計処理は、2社間ファクタリングよりも仕訳が少なくて済み簡単になります。

売上1000万円、ファクタリング手数料100万円、入金先は普通預金の場合、ファクタリング契約を行った段階の仕訳は、「借方:未収金1000万円/貸方:売掛金1000万円」です。その後、売掛金の売却代金を受け取る段階での仕訳は、「借方:普通預金900万円、売掛債権譲渡損100万円/貸方:未収金1000万円」となります。3社間ファクタリングでは、売掛先会社から売掛金譲渡会社への支払いは行われません。そのため、上記の仕訳を行うことで会計処理は完了します。

 

ファクタリング利用時の消費税処理は?

ファクタリングの会計処理を理解するためには、消費税の取り扱いも把握しておく必要があるでしょう。消費税は、事業者が事業として行った資産の譲渡等に対して課税される税金です。資産の譲渡等には、商品の販売やサービスの提供、固定資産の売却、一定の資産の貸付などが含まれます。税金を負担する者は、商品などを購入した人です。ただし、納税者は事業者とされています。事業者は消費者から税金を預かって納税することが必要です。

売掛金の譲渡は、資産の譲渡等に該当します。しかし、売掛金は有価証券に該当するものであり、有価証券の譲渡は消費という考え方になじみません。そのため、有価証券の譲渡は、課税対象には該当するが非課税取引として取り扱うことになっています。非課税取引に該当する資産の譲渡等を行ったとしても、消費税を上乗せして売却先から税金を預かる必要はありません。ファクタリングを利用して売掛金の譲渡を行う場合は、消費税に関する処理をする必要はないことを認識しておきましょう。

 

仕訳からわかるメリット1:キャッシュフローの改善

ファクタリングの仕訳を理解できるようになると、仕訳からファクタリングのメリットを把握することが可能です。仕訳からわかるファクタリングの主なメリットは、3つあります。1つ目は、キャッシュフローの改善です。キャッシュフローは、文字通りお金の流れのことを指します。会社が事業を進めていくうえでは、売上代金の入金や仕入代金・人件費の支払いなどに伴ってキャッシュが増減します。売掛債権は、将来においてお金を受け取る権利です。そのため、売上が増えても売掛金が増加すれば現金は手元に入ってきません。将来的に現金化が期待できるとしても、売掛金を保有している段階では資金を事業に回すことができないのです。

こういった場合にファクタリングを利用すると、キャッシュフローを改善できます。現金化が将来になる売掛金という債権を売却して現金化することで、前倒しで現金化を実現できることがファクタリングのメリットです。一時的にキャッシュフローを改善したい場合は、ファクタリングの利用は有効だといえるでしょう。ただし、ファクタリングを利用したキャッシュフローの改善は、長期的な効果までは期待できません。前倒しで早期に現金化する効果が期待できる資金調達手法であることを理解しておきましょう。

 

仕訳からわかるメリット2:貸借対照表オフバランス化

仕訳からわかるファクタリングの2つ目のメリットは、オフバランス化です。オフバランス化とは、一定の資産や負債を、貸借対照表から外す処理のことを指します。オフバランス化を行うことで資産や負債を圧縮すると、貸借対照表から導かれる経営指標が良化することにつながります。オフバランス化は、貸借対照表の健全化につながるということを理解しておきましょう。

貸借対照表を作成するうえでは、ルールに則って作成することが必要です。計上すべき資産や負債を自分勝手に外すことは認められていません。しかし、適切な手続きを行うことによってオフバランス化することは可能です。ファクタリングには、オフバランス化を実現できるメリットがあります。

金融機関からの融資を受けると借入金という負債が増加します。しかし、ファクタリングを行っても負債は増加しません。負債を増やさずに資金調達できることがメリットです。また、資産も増加しません。売掛金という資産が未収金や現預金という資産に変わるだけで、総額は変わらないことになります。さらに、ファクタリングで取得した資金を使って借入金の返済を行えば、資産・負債ともに減少させることが可能です。オフバランス化を実現しながら資金状況を改善できます。貸借対照表の健全化を目指す経営者は、ファクタリングの利用を検討してみましょう。

 

仕訳からわかるメリット3:融資が受けやすくなる

仕訳からわかるメリットの3つ目は、金融機関などからの融資が受けやすくなることです。このメリットは、1つ目のキャッシュフロー改善メリットと、2つ目の貸借対照表健全化メリットと深い関係があります。金融機関から融資を受ける場合、厳しい審査を受けることが必要です。審査では、経営者の人柄や事業の将来性なども考慮されますが、重要視されるのは審査時点での経営成績と財政状態です。経営成績については損益計算書、財政状態については貸借対照表で評価されます。損益計算書からは、会社が稼ぐ力を読み取ることが可能です。貸借対照表を分析すれば、負債の比率や返済余力などを判断できます。

ファクタリングを利用して資金調達を行うことによって、預金残高を増やし追加の融資を受けずに事業を進められます。負債の増加を回避することができるのです。キャッシュフローの改善と貸借対照表のオフバランス化を実現することは、金融機関からの融資の際の審査で有利になります。負債が少ない貸借対照表であれば、金融機関は返済能力があり融資する余地があると判断する可能性が高いです。その結果、融資の審査に合格して借入資金を手にできる可能性が高まります。近い将来、融資を受ける予定がある経営者は、融資の申し込みを受ける前にファクタリングを利用して、キャッシュフローの改善と貸借対照表のオフバランス化を行っておくとよいでしょう。

 

ファクタリングのデメリットは手数料がかかること

ファクタリングを利用する場合は、メリットだけでなくデメリットも把握しておく必要があります。ファクタリングのデメリットは、手数料がかかることです。ファクタリングを利用して売掛金を売却すれば、入金予定日よりも前に現金化を実現できます。しかし、入金される金額は、売掛金額面の満額ではありません。ファクタリング手数料が差し引かれることになっています。売掛金の入金日まで待てば全額換金できるのに対して、ファクタリングを利用すると手にできる資金が減少することがデメリットです。

貸借対照表の観点では手数料分だけ資金が減ることが難点ですが、損益計算書の観点からは、利益の減少というデメリットもあります。ファクタリング手数料は、売掛債権譲渡損という損失の勘定科目で損益計算書に記載されます。その分、利益が減少することは避けられません。ファクタリングを利用する場合は、売掛金全額の換金ができないことと、手数料分の損失が生じることを考慮したうえで利用することがポイントです。また、同じ売掛金であっても、契約形態やファクタリング会社によって手数料は異なります。手数料が低く設定されている契約形態やファクタリング会社を選ぶことも大切でしょう。

 

売掛取引とファクタリングでは仕訳が変わる!

売掛取引だけを行った場合と、売掛取引に加えてファクタリングも利用した場合とでは、会計処理は大きく異なってきます。ファクタリングを利用した場合は、通常の売掛取引に加えていくつかの仕訳を追加して複雑な会計処理を行うことが必要です。そのため、ファクタリングの利用を決定する前に、ファクタリングの仕組みや契約内容を理解するだけでなく、正しい会計処理方法についても確認することが欠かせません。ファクタリングの正しい会計処理方法がわからなければ、正確な決算書を作成することができなくなります。ファクタリングの利用時には、事前に会計処理も確認しておくようにしましょう。