ファクタリングや受取手形とは?それぞれの特徴や違い


資金調達にはさまざまな方法があり、売掛金や受取手形などの売上債権を現金化するという選択肢もあります。売掛金を現金化する方法はファクタリングといい、受取手形は手形割引を行うのが現金化の方法です。それぞれ特徴に違いがあるため、正確に理解しておくことが重要になります。そこで、ファクタリングと手形割引の違いについて解説します。

ファクタリングサービスとはどういうもの?

ファクタリングとは、売掛金をファクタリング業者に売却して資金調達する方法です。ファクタリング業者は、売掛金を取得するときに、譲渡した会社に対して売掛金購入代金を支払い、その後、買い取った売掛金を回収する仕組みです。譲渡した会社が支払いを受ける代金は、売掛金の額面よりも少なくなります。理由は、ファクタリング業者が手数料を差し引いて代金を支払うことになるからです。手数料には、ファクタリング業者が売掛金を回収できないリスクや、売掛金回収日前に譲渡代金を支払うことによる金利見合いという意味があります。
売掛金の回収予定日より前にファクタリングを行うことによって、早期に資金を手にすることが可能です。ファクタリングによる資金調達の特徴は、保有している資産の売却であり、受け取った資金は融資を受けたわけではないという点にあります。融資ではないため、担保を提供する必要はありません。また、返済義務も生じないことがメリットです。

 

受取手形の特徴や利用の方法とは?

受取手形とは、得意先との取引で生じた売上に関し、決済手段として受け取る約束手形のことです。手形債権には、現金での回収と違い一定期間後に決済を行うことを約するという性質があります。売買取引による購入代金を支払う側からすると、一定期間支払いを延長することができることがメリットです。
受取手形を資金化する方法は2つあります。1つは、受取手形の期日まで待って資金を回収する方法、もう1つは手形を割り引いて回収期日前に資金化する方法です。売上債権の早期現金化を図りたい場合は、手形割引を行うことになります。手形割引は、金融機関に対して手形を差し出して資金の提供を受けます。売上債権の譲渡とは違い、融資に似た性質があることが特徴です。万が一、手形が決済されなかった場合は、返済義務があります。また、手形割引を行うことで得られる金額は、受取手形の額面金額から一定の手形割引料が差し引かれた金額です。

 

ファクタリングと手形割引は何が違う?

ファクタリングと手形割引は、どちらも売上債権を早期に現金化できるというメリットがあります。しかし、違いもあることを理解しておくことが重要です。主な相違点は3つあります。1つ目は、融資か否かの違いです。手形割引は融資扱いになります。手形割引では、受取手形という資産を金融機関などに提供することになりますが、譲渡ではなく借入に近い性質があることが手形割引の特徴です。そのため、返済義務があります。一方、ファクタリングは売掛債権という資産の譲渡であるため、受け取った資金は融資による資金ではありません。そのため、返済は不要です。
2つ目は、不渡りのリスクです。手形には、期日に決済が実行されないと法的に定められた不渡りというリスクがあります。一方、売掛金には不渡りという考え方はありません。決済が行われない場合は単なる貸し倒れという扱いになります。3つ目は、回収確実性です。売掛金は契約による約束ですが、手形決済は不渡りになると銀行取引停止になる可能性がある法的なペナルティがあります。そのため、売掛金よりも受取手形のほうが回収可能性が高いことが特徴です。

 

知っておくべき手形割引のリスク

手形割引を利用して売掛債権の早期資金化を行う場合には、リスクがあることを知っておくことが重要です。主なリスクは3つあります。1つ目は、不渡りのリスクがあることです。不渡りは、手形の決済日に決済が実行されないことをいいます。手形割引を行って資金調達を行ったあとで、提供した手形が不渡りとなった場合、提供した受取手形を買い戻す必要があることを理解しておくのが大切です。
2つ目は、印紙税がかかることです。手形は、印紙税の課税対象です。印紙税とは、文書に課税する国税で、手形の額面金額や取引内容に応じて印紙税額が定められています。3つ目は、詐欺被害に遭う可能性があることです。手形発行者自身が決済できないことが分かっているにもかかわらず発行した手形を受け取ってしまう可能性があります。そうなると、手形割引を行って資金化しても、不渡りになった手形を買い戻すことが必要です。手形の発行者に対して訴求することは可能ですが、発行者が倒産・行方不明などになっていると回収は困難になります。

 

手形割引よりもファクタリングのほうがいいのはなぜ?

ファクタリングによる資金調達は、手形割引にはないメリットがあります。売上債権を保有している状態で早期の資金化を目指す場合は、手形割引ではなくファクタリングを活用したほうがよい場合があることを理解しておきましょう。ファクタリングの主なメリットは3つあります。
1つ目は、審査が早いことです。ファクタリング業者は、ファクタリングを行う際に、取得する売掛金に関する審査を行います。審査対象は売掛金譲渡会社だけではありません。回収可能性を確認するために売掛先会社も審査の対象です。しかし、その審査のスピードは早く、業者や売掛金によっては即日完了することもあります。早期の資金化を実現できることがメリットです。2つ目は、返済義務がないことです。融資ではなく資産売却であるため、返済する必要はありません。3つ目は、不渡りリスクがないことです。売掛金には不渡りという考え方がありません。また、ファクタリング会社が売掛金を回収できなくても訴求されないという契約形態もあります。

 

リスクを避けるならファクタリングを活用しよう!

経営者としては、さまざまな資金調達手段について理解をしておく必要があります。資金調達方法の多様化は、会社を守ることにつながるからです。一般的な資金調達方法は、金融機関から融資を受ける方法ですが、資金が必要なタイミングで必ず融資を受けられるとは限りません。また、融資を受けられたとしても審査に時間がかかり、結果的に資金が必要なタイミングに間に合わないというリスクもあります。
その点、保有している売上債権を手放すことによる資金化は、経営者の判断で必要な時期に資金化できることがメリットです。特に、売掛金をファクタリング会社に譲渡することで資金化するファクタリングは、不渡りリスクがなく、返済義務もないというメリットがあります。売掛金から一定の手数料が差し引かれるため、額面全額を回収することはできませんが、審査期間が短く早期に資金化できることは大きなメリットです。機動的な資金調達を行いたい場合は、ファクタリングの利用を検討してみましょう。