ファクタリングの安全性は?金融庁に認められているの?


ファクタリングサービスを利用するうえで知っておきたいことが、法的に問題ないのか、安心して利用できるものなのかということです。利用するまえにはファクタリングの仕組みや安全性、法的根拠などを確認しておくことが重要です。ここでは、ファクタリングサービスについて詳しく説明するとともに、利用する際に考えるべき問題点を取り上げます。

 

ファクタリングサービスは安全なの?

そもそもファクタリングサービスとは、売掛債権を売却して早期に現金化するためのサービスです。売掛金には支払い期日がありますが、その前にファクタリング業者へ債権を売却することで資金を確保することができます。早期に現金が入れば、仕入れ代金や税金の支払いなどの資金に活用できるため、キャッシュフローが正常化します。ファクタリングの利用には保証人や担保も必要なく、信用情報にも影響しません。融資を受けられない場合にも有効な手段です。仕組みとしては安全な資金調達手法といえます。
ただし、悪徳業者やヤミ金業者がファクタリングサービスを装った悪質なものもあるのは確かです。法外な手数料を取る業者も存在します。当初は相場並みの手数料を提示しておいて、契約直前になって手数料を引き上げてくる業者もいます。そのような業者でファクタリングサービスを利用すると、高額な手数料によりかえって経営が圧迫される可能性もあるのです。そのため、ファクタリング業者を選ぶ際は、かなり慎重に検討する必要があるでしょう。悪質なファクタリング業者を利用しないためにも、ファクタリングの仕組みや法的根拠、手数料相場などを事前に確認しておくことが重要です。

 

ファクタリングは金融庁に認められているのか

ファクタリングサービスそのものは、金融庁および経済産業省に認められているサービスです。そのため、法的に問題のあるサービスというわけではなく、悪徳業者を避ければ安全に利用できます。国はむしろファクタリングを推奨する傾向にあり、売掛債権のような流動資産を資金調達に活用する必要があるという見解です。売掛債権を売却して資金調達する手法は、企業のキャッシュフローを正常化するために必要なことと考えられています。
売掛債権を売却し、対価として金銭を受け取るファクタリングは法的には売買契約に該当します。ファクタリングで売掛債権を売却する場合、売掛債権を譲渡したことを債権者へ通知する必要はありません。また、債権者の同意も不要です。このようなファクタリング契約を2社間ファクタリングといいます。2社間ファクタリングでは、ファクタリング利用者とファクタリング業者の合意で契約が成立します。そのほか、債権者の同意を得る3社間ファクタリングという契約も可能です。2社間、3社間どちらの契約も、法律に基づいて運用されています。

 

ファクタリングで考えなければならない問題点とは

ファクタリングを利用するうえで認識しておきたいことは、ファクタリングサービスは融資ではないということです。そのため、ファクタリング業者は貸金業には該当しません。貸金業に該当するなら金融庁による許認可を得る必要があります。しかし、ファクタリングは貸金業ではないため、貸金業法や利息制限法、出資法などの金融関連法による規制を受けません。貸金業者登録の必要もないので、多くの業者がファクタリングサービスに参入しています。ここに、ファクタリングで考えなければならない問題点があるのです。
ファクタリングは賃金業法には当たらない業務であるため、利息制限法の適用がなく、高額な手数料が発生する場合があります。ファクタリングの手数料を規制する法律がないため、ファクタリング業者は自由に手数料を設定できるのです。物品や不動産の売買契約と同様に、買取価格は両者の合意のみで決めることができます。とはいえ、手数料には相場があります。ファクタリングの手数料相場は、2社間で10%~30%程度、3社間で1%~5%程度です。これ以上の手数料を取る業者は悪質といえるでしょう。

 

一般的なファクタリングのフロー

実際にファクタリングを利用する際は、どのような流れになるのでしょうか。ファクタリングの一般的な流れは以下のようになります。

  1. 販売先へ商品を販売
  2. ファクタリング業者に売掛債権を売却
  3. ファクタリング業者から売却代金を受領
  4. 販売先から売掛金が入金
  5. 売掛金の入金分をファクタリング業者へ支払い

まずは、従来通り販売先へ商品を販売します。現金受取でない場合、売上金は売掛金として処理されるのが一般的です。売掛債権には支払い期日があります。そのため、売掛債権が現金化するまではある程度の期間がかかります。しかし、ファクタリングを利用すれば、売掛債権の支払い期日が来る前に現金化することが可能です。
ファクタリング利用者は、ファクタリング業者へ売掛債権を売却し、その対価として現金を受け取ります。その後、売掛債権の支払い期日までに販売先から売上代金が入金となります。ファクタリング利用者は、入金された代金をファクタリング業者へ支払うというのが一連の流れです。通常であれば、売掛債権の期日が来るまでは現金がない状態ですが、ファクタリングを利用することで売掛金を資金として利用できるのです。

 

ファクタリング業者を安全に利用する方法

ファクタリングを利用するうえで、とくに注意したいことがファクタリング業者の選び方です。違法な貸付をする業者は利用しないようにしましょう。手数料が異様に高い業者は避け、口コミ評価などで信頼性のある業者を選ぶことが大切です。ここでは、ファクタリング業者を安全に利用するために気を付けたいポイントを説明します。
まず、費用の請求のしかたに注意が必要です。優良なファクタリング業者であれば事前に請求内容を説明し、費用を請求してきます。しかし、悪質な業者の場合、後で法外な費用を請求してくることがあります。また、契約時には必ず契約書の控えをもらうことも大切です。あとで、契約内容が書き換えられる危険性があるからです。
さらに、高額な手数料を請求されないためにも、事前に相場を把握しておくことも重要でしょう。手数料には、ファクタリング業者が受け取る利益以外にも、登記費用や紹介料、印紙代等が含まれます。手数料の内訳を明確にしてもらい、それぞれの手数料が相場とかけ離れていないか確認が必要です。

 

ファクタリングサービスを利用しても大丈夫!

ファクタリング業者のなかには、高額な手数料を請求してくるところもあるため、業者選びには慎重さが必要です。しかし、ファクタリングサービス自体は悪質なものでも違法でもないため、利用しても何の問題もありません。ファクタリングを利用することで、売掛債権を資金として活用できます。利用する際には仕組みや注意点を確認し、資金調達手法の一つとして上手に活用しましょう。