ファクタリングの一般的な目的や利用が盛んな業界とは?

資金調達を行う一つの方法として、ファクタリングを活用することは資金繰りの改善や経営の安定化につながっていきます。ファクタリングの利用目的として、一般的にどのような点があげられるのかを押さえておくと、活用すべきポイントを適切に判断できるでしょう。また、業界によってファクタリングの利用が活発に行われているところもあります。ファクタリングの基本的な仕組みを理解したうえで、上手に活かしていく方法を紹介します。

一般的な利用目的1:早期現金化

ファクタリングの一般的な利用目的としてあげられる点に、「早期の現金化」があります。売掛金が実際に振り込まれるタイミングは業種にもよるものの、売上が発生してから数カ月後になる場合もめずらしくありません。売掛金を回収するまでの間、人件費や仕入代などをまかなう必要があるため、資金力の弱い中小企業であれば資金繰りが悪化してしまうこともあるでしょう。また、資金繰りに問題がなくても手元の資金が少なくなることによって、新たなビジネスに使える資金も乏しくなる恐れがあります。

安定した経営を行ったり、ビジネスチャンスを逃したりしないためには、資金繰りを円滑にしておく必要があるものです。ファクタリングであれば、最短即日で売掛債権の現金化ができるので、資金の悩みを解消するための有効な手段となります。ファクタリングは売掛債権という資産を現金化するだけなので、会社の負債が増えてしまうことはありません。将来的に返済や利息の支払いに悩まされることがないため、利用する側にとって利便性の高い仕組みだといえるでしょう。売掛債権を保有していれば、基本的にどんな業種であっても審査に対応してもらえます。定期的に売掛債権が発生していて、手元の資金が少ない場合にはファクタリングによる資金調達を検討してみましょう。

ただ、早期に現金化するためにはあまり大口の申し込みを行わないことも大切です。銀行系のファクタリング会社であれば、1億円程度までの買取に応じてもらえるものの、金額が大きくなるほど審査に時間を必要としてしまいます。資金繰りの改善を急ぐときには小口で申し込みを行い、大手企業などの信用力の高い売掛債権の買取を依頼するようにしましょう。ファクタリング会社が買取に応じやすい環境を整えることによって、早期の現金化が実現できるはずです。

 

一般的な利用目的2:つなぎ資金

ファクタリングは「つなぎ資金」としても活用することができます。売掛金が実際に入金されるまでの間や、融資の審査がおりるまでといった目的でファクタリングを利用する人もいるのです。銀行融資とは異なり、ファクタリングは最短即日で現金化できるので、つなぎ資金として使いやすいというメリットがあります。つなぎ資金が必要となる場面は、経営状況や時期によってさまざまでしょう。「納税資金が足りない」「大口の受注がきて仕入代金が不足している」といったケースです。当座の資金繰りを改善する一つの方法として、ファクタリングの活用を検討してみましょう。

つなぎ資金を確保する方法としては、ファクタリングのほかにもビジネスローンや手形割引、不動産担保融資などがあります。ただ、ビジネスローンは金利が高めであり、手形割引では売掛先が支払い不能に陥ってしまった場合に債務を弁済する必要がある点に注意が必要です。不動産担保融資では大口の融資が期待できる一方で、そもそも担保となる不動産がなければサービスを利用することができません。ファクタリングは無担保・無保証でサービスを利用でき、償還請求権がつかないので返済の必要もないのです。ファクタリングを活用することで、将来的な経営リスクを減らしたうえでつなぎ資金を確保できるでしょう。

業績が好調な場合であっても、手元の資金がなくなってしまえば黒字倒産に陥ってしまう危険性もあります。また、売掛先の倒産によって売掛金が回収できずに連鎖倒産してしまう可能性もあるでしょう。経営状況が悪くなってから資金調達を行おうとしても、融資を受けるのは難しくなってしまうこともめずらしくありません。自社の経営状況や資金繰りをよくチェックしたうえで、想定外の事態にも対応できるようにあらかじめ複数の資金調達方法を考えておくことが重要です。運転資金を確保するための手段をいくつか用意しておくことによって、資金繰りに関する悩みを減らしていけます。

 

一般的な利用目的3:融資不可の代替として利用

ファクタリングなら銀行融資を断られてしまった場合であっても、審査に応じてもらえる可能性があります。銀行融資では会社の経営状況や財務内容が審査の対象となっているため、赤字決算や債務超過に陥ってしまっていると融資を受けるのが難しい場面もあるのです。しかし、ファクタリングの審査では売掛債権の信用力が重視されるため、会社の経営状況などはあまり問題になりません。税金や社会保険料を滞納していたとしても、分納や延納の手続きをしっかりと行っていれば、審査を受けることができます。銀行融資を断られてしまったからといって資金調達をあきらめてしまうのではなく、まずは気軽にファクタリング会社に相談してみると良いでしょう。

企業の資金調達方法としては銀行融資が主流ではあるものの、実際に融資をすんなりと受けられるのは大手企業や業績が好調な企業ばかりでもあります。不動産などの担保もなく、中小企業が銀行融資を受けるのは難しい傾向にあるでしょう。また、銀行融資の場合は申込の段階で提出する書類の種類も多く、審査を受けたとしても必ずしも融資が受けられるとは限りません。資金調達の方法を銀行融資だけに頼ってしまっていては、仮に融資を受けられなかったときに経営状況が急速に悪化してしまう要因となるでしょう。そのため、いざというときの資金調達方法として、ファクタリングの利用を検討していくことは安定的な経営を行っていくためにも大切なのです。

設備投資などの名目で融資を申し込もうとするときであっても、先にファクタリングを行って資産のオフバランス化を図っておくのは有益だといえます。ファクタリングでは保有する売掛債権を現金化すると同時に、負債も増えないので自己資本比率が高まるのです。財務体質の強化につながるので、金融機関や取引先から信用力も高まるでしょう。財務面で健全な状態を保てれば、融資も受けやすい環境が整うはずです。また、新しい取引先を開拓する場面でも動きが取りやすくなります。目先の資金繰りの改善だけではなく、中長期的な経営改善のためにも、ファクタリングを活用することはメリットが大きいのです。

 

ファクタリングの利用が盛んな業界とは?

ファクタリングは基本的にどの業界でも利用が可能であるものの、なかでも利用が活発な業界もあります。建設・建築業界では1件あたりの工事金額も高く、工事が完了するまで代金が受け取れないということもあり、ファクタリングの利用が盛んです。工事が完了するまでの期間、従業員の人件費や資材調達費などのコストがかかるため、手元の資金をしっかりと確保しておくことは重要でもあります。また、元請業者が支払い不能に陥ってしまうと連鎖倒産をしてしまう可能性もあるので、ファクタリングによって経営リスクを下げておくことが大切なのです。ファクタリングの契約では、一般的に償還請求権はつきません。償還請求権とは、売掛先が支払い不能に陥ったときに代わりに弁済する仕組みであり、手形割引などでは償還請求権が設定されています。しかし、ファクタリングでは後から債務を弁済する必要がないので安心して利用できるのです。

アパレル業界では商売の性質上、大量の在庫を抱えなければ事業を行えない面があるため、時期によっては資金繰りに困ってしまうこともあるでしょう。夏物や冬物を仕入れても、冷夏や暖冬などの影響によって予想以上に売上が下がってしまうこともあります。また、仕入先も複数に及ぶこともめずらしくなく、売上が立つ前に支払いのほうが多いという構造的な課題もあるのです。したがって、手元の運転資金が乏しくなれば思うように仕入を行えずに、事業そのものに影響が出てしまう場合もあります。その一方で、小売業は売掛金が発生しやすい業種でもあるので、ファクタリングを活用して資金繰りを改善する方法は向いているのです。

医療・介護業界では診療報酬や介護報酬などの債権をもとにして、ファクタリングが行われています。ファクタリング会社としても、代金の請求先が国や自治体となるので、債権回収のリスクが低く、積極的な買取を行っているといえるでしょう。医療機関や介護施設を経営していれば、診療報酬や介護報酬は常に発生するため、ファクタリングのメリットを活かせるのです。報酬を受け取ったり、売掛金を回収するまでの期間が長かったりする業界ではファクタリングの利用は盛んであるので、同業他社の理解も得やすいところがあります。自社の財務内容をチェックして、資金繰りに問題がないかを定期的に確認し、必要に応じてファクタリングを利用してみると良いでしょう。

 

融資にはないファクタリングのメリットとは?

ファクタリングの大きな特徴の一つに、無担保・無保証で利用できるという点があります。ファクタリングでは保有する売掛債権を専門業者に買い取ってもらうだけなので、売掛債権の譲渡時に担保や保証人は必要ではありません。しかし、融資の場合では担保や保証人を設定するのが一般的であるため、利用しづらい部分があります。万が一、返済が滞ってしまえば担保を取られてしまったり、保証人が返済の肩代わりをしたりする必要があるのです。融資では将来的なリスクを抱えてしまうことになるので、ファクタリングのほうが気軽に利用しやすいというメリットがあります。

ファクタリングは銀行融資や公的な融資制度、ビジネスローンなどよりも審査が通りやすいという利点もあるのです。融資では会社の経営状況が審査基準となるので、負債が多かったり事業の将来性がなかったりすると審査を通過するのが難しいといえます。しかし、ファクタリングでは売掛債権の信用力が重視されるため、経営状況や財務体質が問題視されることは少ないのです。融資に申し込んだものの断られてしまった場合には、資金調達方法の一つとしてファクタリングを検討してみると良いでしょう。また、ファクタリングは借入ではないので、会社の信用情報に影響を与えることがありません。銀行融資を検討しているものの、融資がおりるまでのつなぎ資金を確保したいというときには、ファクタリングの活用が向いているのです。

一般的に、銀行融資では、実際に融資が実行されるまでには1カ月程度の時間を必要としてしまいます。融資を申し込むために必要な提出書類も多く、その準備を行うだけでも労力や時間がかかってしまうものです。急いで現金が必要なときは、銀行融資では遅いと感じてしまうこともあるでしょう。さらに、融資を申し込んだからといって必ずしも審査が下りるわけではないので、融資が受けられないときのことも想定しておく必要があります。ファクタリングであれば最短で即日、遅くても数日のうちに資金調達することが可能です。上場企業や政府系機関の売掛債権であれば未回収リスクも低くなるため、ファクタリング会社も積極的に買取を行ってくれます。一時的な要因で会社の資金繰りが急速に悪化してしまったときこそ、ファクタリングの利用を考えてみると良いでしょう。

 

ファクタリングは利用目的を明確に!

ファクタリングは早期に資金繰りを改善したり、ビジネスチャンスを失うのを避けたりすることに向いている資金調達方法です。利用目的がはっきりとしていれば、日々の経営を下支えしていくことにもつながるでしょう。ただ、ファクタリングは利便性が高い反面で、一定の手数料が取られてしまうので注意も必要です。本来であれば、売掛金の支払日に満額受け取れたものが目減りしてしまうデメリットがあります。また、ファクタリングによる資金調達によって、経営環境を改善できるのかも精査することを意識しておきましょう。

ファクタリングを利用するときには、複数の業者に見積書を依頼することが大切です。各社の見積書を比較すれば、相場の目安がわかり手数料を抑えることにもつながります。資金調達の必要性が出てから業者選びを行うと、じっくり検討する時間がとれなくなってしまうので、あらかじめ余裕のあるときに業者選びを行っておくと良いでしょう。手数料の面だけでなく、サービス内容と照らし合わせたうえで、必要なときに利用していくことが大切です。