ファクタリングのメリットとデメリットは?経理処理から紐解く!

会社経営者や個人事業主にとって、資金調達は避けて通れない重要な経営課題です。さまざまな資金調達手法を使えることが事業経営を支えることにつながります。資金調達方法には、金融機関からの融資を受ける方法だけでなく売掛債権を譲渡するファクタリングという方法もあります。ファクタリングを利用するにあたっては、その特徴や経理処理などを理解しておくことが重要です。そこで、ファクタリングの処理やメリット・デメリットなどについて解説します。

日本企業は売掛債権による通常取引が一般的

ファクタリングの仕組みやメリット・デメリットを把握するためには、日本における商取引の一般的な仕組みを理解しておくことが必要です。ファクタリングでは、売掛債権の譲渡を行って早期の現金化を実現します。そのため、ファクタリングの対象となる売掛債権とはどういったもので、なぜ売掛債権が生じることになるのかを理解しておくことが特に重要です。
売掛債権とは、事業者が商品の引き渡しやサービスの提供を行ったあとで売上代金を請求できる権利のことです。売上と同時に現金決済などを行った場合は、あとで請求できる権利は生じません。権利が生じるのは、売上と同時に売上代金を回収しない取引の場合です。売掛債権の「掛」は「つけ」と同じ意味で、販売した取引相手を信用して支払いは後日でよいとする回収条件での販売形態によって生じます。日本の企業間取引では、後払いである信用取引による手形を利用した決済や、売掛金などの売掛債権を利用した決済が行われるのが一般的です。信用取引を行うことによって、商品の引き渡しやサービス提供の都度、決済を行う手間が省けるメリットがあります。また、商品やサービスを購入する側からすると、すぐに代金を支払う必要がないため資金的な余裕が生まれ、より多くの商品やサービスを購入できるということも信用取引のメリットです。
掛けによる売上によって生じた売掛金などの売掛債権は、回収までに一定の時間がかかります。一般的には、月締め翌月もしくは翌々月払いで代金を受け取る条件になっていることが多いです。そのため、売掛債権が現金に変わるまでには1~2カ月程度時間がかかることを認識しておく必要があります。

 

売掛債権による取引の一般的な流れ

ファクタリングを利用するにあたっては、売掛債権に関わる取引の流れを理解しておくことも重要です。売上債権が生じる取引の流れを理解する事例として、商品やサービスを提供する会社Aと、商品やサービスの提供を受けて購入する会社Bがあったとします。取引の流れは、6つの段階を経て進むことになります。
1つ目の段階は、提案から契約に至るまでです。AはBに対して商品やサービスの提案を行います。いくつかの提案のうち、Bが興味を示し購入希望の意思表示を行った場合にAが行うことは見積書の作成です。見積書を踏まえて売買条件の交渉が行われます。その後、取引条件が確定してBが購入することを決断すると売買契約の成立です。AとBの間で売買契約書を交わします。2つ目の段階は、BからAに対して発注書を送る段階です。発注書とは、商品の種類や数量、購入価格を文書にしたもので、注文書ともいいます。あとでトラブルになることを避けるため、商取引の現場では口頭での注文を避け発注書を発行するのが一般的です。
3つ目の段階は、AからBに対する商品の引き渡し、もしくはサービスの提供です。AはBから受け取った発注書に従って行うことになります。4つ目の段階は、検収です。検収とは、納品されたものが発注したと品名、数量などに相違がないことと、品質に問題がないことを確認する行為です。Bは、提供を受けた商品やサービスについて注文した内容通りだと確認したら検収書をAに対して送付します。5つ目の段階は、AからBへの請求書の送付です。売掛債権を利用した商取引の場合は、月末締めで1カ月に一度請求書を作成して送付することが多いといわれています。請求金額や振込先、支払期限、請求内訳などが請求書の記載事項です。最後の6段階目は、BからAへの代金の支払いです。売買契約や取引基本契約で定めた支払期日が到来したら、BはAに対して支払いを行い、Aはこの段階でようやく資金回収が完了することになります。

 

ファクタリングによる資金調達の特徴とは?

ファクタリングとは、売掛金などの売掛債権をファクタリング会社に売却することで、売掛金の決済期日前に、早期に現金化する資金調達方法です。ファクタリングによる資金調達を検討している経営者は、ファクタリングの特徴をよく理解しておくことが欠かせません。特徴を把握していなければ、デメリットを最小限に抑えながらメリットを最大限に活かすことができないからです。
ファクタリングの主な特徴は3つあります。1つ目は、掛け売上などの信用取引によって運転資金が膨らむことで生じる資金不足を解消できることです。代金後払いの信用取引によって販売を行っていくと、仕入れ代金の支払が先、販売代金の回収は後となり、運転資金が増加して資金不足の状態に陥りやすくなります。仮に販売が好調で利益が出ていたとしても、資金が枯渇してしまうと最悪の場合は黒字倒産してしまう可能性も否定できません。そういったケースで、信用取引で生じた売掛債権を現金化して資金不足を回収できることがファクタリングの特徴です。
2つ目は、早期に現金化できる資金調達手段であることです。売掛金を売却することで決済期日よりも早く現金化できます。また、金融機関から融資を受ける資金調達方法と比較すると審査期間が短くて済むため、急に資金が必要な場合でも資金を確保できることが特徴です。
3つ目は、金融機関で融資を受ける場合の審査よりも、ファクタリング契約を締結する際に受ける審査のほうが厳しくないことです。金融機関での融資は、担保の評価から融資対象会社の財務状況、経営者の状況、事業計画などさまざまなことについて時間をかけてチェックされます。そのため、審査は厳しくなるのが一般的です。一方、ファクタリングは融資ではなく、ファクタリング会社にとっては資産の買い取り行為になります。そのため、売掛金譲渡会社と売掛金の内容を審査すれば済みます。結果的に、銀行などから融資を受ける場合の審査よりも簡単な審査で済み、早く資金調達できることが特徴です。

 

ファクタリングとほかの資金調達方法の違い

ファクタリングについて深く理解するためには、ファクタリング以外の資金調達方法との違いを把握しておくことも大切です。主な資金調達方法としては、ファクタリングを含めて4つあげられます。それぞれについて概略と特徴を解説します。
1つ目のファクタリングとは、売掛金などの売掛債権をファクタリング会社に買い取ってもらう資金調達方法です。短期間で審査を完了させて早期に資金を手にできます。ファクタリングのポイントは、償還請求を受けないことです。売掛先会社が倒産するなどして売掛金の決済が行われずファクタリング会社が回収できなくなった場合であっても、基本的にはファクタリング会社から未回収分について請求を受けることはありません。ただし、契約によっては償還請求を受ける場合もあるため、契約時にしっかり確認する必要があります。
2つ目の回収方法は、債権回収です。債権回収は、未回収分の債権について債務者に督促するなどして資金を回収していきます。手間がかかること難点です。また、支払い要請に対して取引先が応じない場合などは、裁判で争うことが必要になるケースもあります。
3つ目は銀行などの金融機関から融資を受ける方法です。長くつきあっている銀行と信頼関係を築くことができていれば、さまざまな経営相談に乗ってもらいながら融資を受け続けられるメリットがあります。しかし、融資を受ける場合は厳しい審査をクリアすることが必要です。また、融資実行までに時間がかかることも銀行融資による資金調達方法のデメリットだといえます。
4つ目は、公的融資制度を活用して資金調達する方法です。中小企業や個人事業者向けに用意されている融資制度を活用すれば、金利や融資金額、返済条件、担保条件などについて有利な条件で融資を受けられる可能性があります。ただし、申請を行い審査を受けて融資が実行させるまでには、手間と時間が相当かかると覚悟しておくことが必要です。

 

経理処理で見るファクタリングのメリット

ファクタリングの主なメリットは3つあります。1つ目は、キャッシュフローの改善、2つ目は、会計処理において負債が生じないこと、3つ目は、キャッシュフロー改善により銀行からの融資などファクタリング以外の資金調達もやりやすくなることです。3つのメリットは、通常の売掛債権の会計処理とファクタリング利用時の会計処理を比較することで、より詳しく理解することができます。
まず、一般的な売掛債権の会計処理です。商品70万円を仕入れた場合の仕訳は、「借方:70万円/貸方:現金70万円」となります。次に、仕入れた商品を100万円で掛け売りした場合の仕訳は、「借方:売掛金100万円/貸方:売上100万円」です。これらの取引の結果、貸借対照表の借方は、現金30万円、売掛金100万円となり、貸方は資本金100万円、当期純利益30万円となります。
続いて、ファクタリングを行った場合における経理処理の確認です。仕入れと売上に関して胃の処理は、一般的な売掛債権の会計処理とまったく同じになります。異なるのは、ファクタリング契約時と売却代金の入金時の処理です。ファクタリング手数料20%で売掛金売却と代金支払いが同時の場合の仕訳は、「借方:現金80万円、売掛債権売却損20万円/貸方:売掛金100万円」です。貸借対照表の借方の現金残高110万円となり、貸方は資本金100万円、当期純利益10万円となります。
2つを比較すると、ファクタリングを行った場合はキャッシュが大幅に増加していることがわかります。また、ファクタリングを利用したとしても、貸借対照表上に借入金などの負債は生じないことも明白です。ただし、当期純利益は減少します。その理由は、ファクタリング手数料というコスト負担が増加するからです。

 

経理処理で見るファクタリングのデメリット

ファクタリングには、メリットだけでなくデメリットもあります。デメリットは、ファクタリング手数料を負担する必要があり、売掛金の全額を回収できないことです。ファクタリングのメリットに関する事例では、ファクタリングによる売掛債権売却代金の入金時に、「借方:現金80万円、売掛債権売却損20万円/貸方:売掛金100万円」という仕訳を作成することになっていました。この仕訳に含まれる売掛債権売却損の20万円がファクタリング手数料です。現金回収額は80万円で、売掛金全額の100万円は回収できず、手数料が控除された金額しか回収できないことが仕訳からわかります。
この事例ではファクタリング手数料は20%として計算していますが、手数料はファクタリングの形態や取り扱い会社によって異なります。ファクタリング会社のリスクが少ない契約形態で、売掛金の資金化が確実だと見込まれる場合は1桁代のパーセンテージで手数料が設定されることもあります。しかし、ファクタリング会社がリスクが高いと判断すれば手数料は30%程度になることもありえると認識しておきましょう。
資金調達の必要に迫られてファクタリングを利用する場合には、現金化できることばかりに目が行ってしまい、コストに関するチェックが甘くなってしまうリスクがあります。ファクタリングは融資ではありません。負債が増加せず返済義務も負わないため、金融機関から融資を受ける方法よりも手軽に実行できることが魅力です。しかし、ファクタリング手数料というコストがかかり、その分回収できる資金は目減りすること、手数料分だけ当期純利益は減少することを忘れないようにしましょう。

 

経理処理でファクタリングのメリットが視覚化できる

ファクタリングには、負債を増加させることなく早期にキャッシュフローを改善できるメリットがありますが、デメリットも生じます。ファクタリング手数料の分だけ、現金化するときに資産が目減りし、当期純利益も減少することがデメリットです。ファクタリングを利用する場合は、メリットとデメリットを数字で正確に把握して事前に検討することが重要になります。検討する場合は、仕訳を作成して会計処理を想定するとわかりやすいでしょう。貸借対照表上の資産や負債のバランスがどう変わるのか、純利益への影響額がいくらになるのかを簡単に可視化できます。さまざまな影響額を正確に把握したうえで、メリットが多いファクタリングの利用を積極的に検討してみましょう。