ファクタリングのノンリコースとは?メリットやデメリットまとめ

ファクタリングには、リコースとノンリコースの2種類の契約方法があります。これらの違いは、償還請求権の有無ということですがそれぞれの特徴について押さえておく必要があるでしょう。ファクタリングによって目先の資金繰りが改善したとしても、後からトラブルが起こってしまうのは避けたいものです。リコースとノンリコースの違いについて詳しく解説します。

ファクタリングのノンリコースって何?

ファクタリングにおけるリコースとは、売掛債権を買い取ってもらった後でもファクタリング会社には償還請求権がある(ウィズリコース)ということです。つまり、ファクタリング会社が売掛金を回収する前に売掛先が倒産して支払い不能となってしまった場合に、利用者は受け取った資金の一部を返済する必要に迫られます。ファクタリングによって一時的に資金繰りが改善したとしても、リコースによる契約では売掛先の倒産リスクや貸し倒れリスクを抱えてしまうことになるのです。
その一方で、ノンリコースの契約の場合には、利用者は後から返済をする義務は発生しません。売掛債権を手放した時点で、売却代金を得ると同時に売掛先の倒産リスクも回避することができます。リコースであるかノンリコースであるかは、ファクタリング契約において重要な部分であるため、契約時によく確認をしておきましょう。

 

ノンリコースを選ぶメリットとは?

返済義務をともなわないノンリコースを選ぶメリットは、ファクタリングによって調達した資金を会社の純資産として取り扱える点です。資金用途があらかじめ決まっている場合は、後から返済を迫られてしまうと経営そのものにも影響を与えてしまうでしょう。ノンリコースによる契約であれば、売掛先が仮に倒産をしたとしても、ファクタリング会社がすべて負担をしてくれることになります。通常の入金サイクルで売掛金の回収を行えば、ファクタリング会社に支払う手数料はかからないものの、入金があるまでの倒産リスクは抱えてしまうものです。ファクタリング会社に手数料を支払うことによって、早期に資金繰りを改善するだけでなく、売掛先の倒産リスクを防げる点にも意識を向けておきましょう。

 

ノンリコースを選ぶデメリットとは?

ファクタリング契約においてノンリコースを選ぶデメリットは、リコースよりも手数料が高くなる可能性があるという点です。ファクタリング会社としても、売掛債権に対する回収リスクを負う必要があるため、手数料が割高になってしまうのも仕方のないことだといえるでしょう。また、売掛先の倒産リスクが限りなく低い場合にファクタリングを行ってしまうと、手数料の面で損をしてしまうことがあります。売掛債権が複数あるなら、倒産リスクが考えられるものを先に売却するほうが、経営全体としてはプラスに働くでしょう。ファクタリング契約を結ぶ前に、保有している売掛債権の信用力を精査しておく必要があるのです。
ただ、ファクタリング会社によって契約内容や手数料にも違いがあります。初めから1社に絞ってしまうのではなく、複数の会社から見積書をもらうようにしましょう。手数料などの面で納得がいく場合には、ノンリコースによるファクタリング契約を検討してみることも大切です。

 

ウィズリコースとノンリコースならどちらにすべき?

ファクタリング会社に支払う手数料のことよりも、売掛先の倒産リスクを考えるのであれば、ウィズリコースよりもノンリコースによる契約が良いでしょう。日本でもファクタリングは徐々に浸透しているものの、主流となっているのはノンリコースです。目の前の資金繰りに意識が向いてしまうと、金銭面ばかりが気になってしまうものですが、資金調達後のこともしっかりと考えておく必要があります。ウィズリコースだと、仮に売掛先が倒産してしまうと返済義務が発生してしまうため、手形割引などと同様の返済リスクを抱えてしまうことになるでしょう。ファクタリングのメリットを最大限に活かすためにも、ノンリコースでの利用を考えておくことが大切です。

 

ノンリコースのファクタリングを賢く利用するには?

ノンリコースによるファクタリングを賢く利用するためには、調達したい資金額と照らし合わせることが大切です。必要となる資金がそれほど大きなものでなければ、手数料のことなども考えてリコースによるファクタリングでも良いでしょう。しかし、調達するべき資金が多い場合には万が一のときに備えて、返済義務のないノンリコースで契約を行ったほうが良いといえます。売掛先の企業が支払い不能に陥ったり、倒産したりしてしまうとファクタリングによって調達した資金の一部を返済しなければならないからです。あらかじめ資金の用途が決まっている場合には、後から返済を迫られることで財務内容が悪化してしまう可能性もあります。
また、ファクタリング契約を行うときには、ノンリコース契約であるかをきちんと確認しておきましょう。一般的にファクタリングの契約を結ぶときはノンリコースである場合が多いものの、会社によって契約内容も異なるからです。当然のようにノンリコース契約だと思っていたものが後からリコース契約だと分かってしまうとトラブルの原因となってしまいます。丁寧に説明してもらえるかも、ファクタリング会社を選ぶ1つのポイントであるため意識をしておきましょう。
そして、手数料がいくら発生するのかも、あらかじめ確認しておくことが大切です。リコース契約と比べて、ノンリコース契約ではファクタリング会社も回収リスクを負うため、手数料が割高な水準で設定されています。きちんと見積書を提示してもらって、納得をしてからサインをするようにしましょう。初めてファクタリングを利用するときには、なかなか手数料の相場が分からないかもしれません。そうしたときは、最初から1社に絞ってしまうのではなく、複数の会社に見積書を取るなどして手数料を比較することが大切です。

 

ノンリコースのファクタリングでリスクを抑えよう!

後から返済義務のないノンリコースを利用することで、資金繰りを改善しつつ、売掛先の倒産リスクをなくしていくことができます。手数料などの面で納得がいく場合には、基本的にはノンリコースによるファクタリング契約を優先させてみましょう。会社の資金繰りが悪化してしまう要因はさまざまなものがあるため、もしものときに備えて資金調達方法は1つでも多いほうが良いといえます。ファクタリングの仕組みやリコース・ノンリコースの違いを理解したうえで、有効的に活用してみましょう。