ファクタリングと売掛債権流動化は同じ?種類とそれぞれの特徴

掛取引では売り上げがあっても実際に現金化するまでに日数がかかることがデメリットです。確実に入金できる見込みがある場合でも、売掛金が多い場合や、現金化までの日数が長い場合は会社の資金繰りに影響を与えてしまいます。しかし、売掛債権流動化を行うことで、資金繰りを改善することが可能です。ファクタリングも売掛債権流動化の一種として利用されている資金調達手法になります。ここでは、売掛債権流動化とはどのような資金調達手法なのか、売掛債権流動化の特徴やメリットを解説します。

資金調達方法の一つ!売掛債権流動化とは?

企業が取引先へ商品やサービスを提供する場合、銀行振込で入金されることが多くあります。その際、支払いは1カ月分をまとめて後日後払いとなるのが一般的です。売り上げが発生してから決済が行われるまでに生じる債権のことを売掛債権といいます。売掛債権には受取手形や売掛金が含まれます。売掛債権は、そのままでは営業資金として使うことができません。しかし、売掛債権流動化を行うことで、資金調達することが可能です。
売掛債権流動化とは、売掛債権を活用して資金調達を行うことをいいます。売掛債権を譲渡することで早期に現金化したり、担保にして融資を受けたりする手法です。売掛債権は現金化できるまでに数カ月かかります。売り上げがあっても売掛債権が多すぎると資金繰りが厳しくなり、黒字倒産となる可能性もあります。売掛債権流動化は、黒字倒産のリスクを回避するために有効な手段です。
業界によっては売掛金が多く発生する会社もあります。たとえば、建設業界は受注から納品、支払いまでのサイクルが長いため、売掛金が多く発生する業界の一つです。また、人材派遣業も売掛金が多い業界といわれています。なぜなら、売掛金が入金となる前に賃金の支払いが必要になるケースが多いからです。売掛金が多い業界では、資金繰りのために売掛債権を活用することが課題となっています。

 

売掛債権流動化のメリット1:早期に資金調達できる

売掛債権流動化の大きなメリットは、債権を活用して早期に資金調達ができる点です。売掛債権は現金化できるまで数カ月かかりますが、流動化することで実際の入金日よりも早く資金調達ができます。早期に資金を確保することで、資金繰りに余裕が生まれるでしょう。
一つの例として、建設業界では受注した工事が引き渡しとなるまで工事費を回収することができません。しかし、それまでに資材費や人件費など、さまざまな費用が発生します。そのため、何カ月も工事にかかると、資材費や人件費などの費用負担が重くなりがちです。売掛金が入金になるまで、資金繰りが厳しい状態になることも少なくありません。支払い期限に間に合わないと、会社の信用にもかかわります。
しかし、売掛債権流動化を活用することで、資金繰りを正常化することが可能です。資金繰りに余裕ができれば、次の事業に資金を回すこともできます。また、買掛金を期日通りに現金払いできるため、信用力も増します。売掛債権流動化で資金調達できれば、資金繰りが改善する可能性があります。
売掛債権流動化は、アメリカでは古くから行われてきた資金調達手法です。日本では売掛債権を活用して資金調達すると、資金繰りが厳しい会社とみなされマイナスイメージもありました。しかし、2018年現在では国が主導で売掛債権流動化の利用を促しているのが現状です。

 

売掛債権流動化のメリット2:決算書を改善できる

売掛債権流動化のもう一つのメリットは、決算書が改善できる点です。貸借対象表では売掛金は資産として処理されています。売掛債権流動化を行うことで、売掛金を貸借対処表からオフバランス化することが可能です。貸借対照表のオフバランス化とは、貸借対照表から資産や負債を減らすことをいいます。オフバランス化すると総資産利益率が改善するため、投資家や取引先、銀行へ与える印象がよくなるのです。
資産は多ければよいというわけではありません。資産に対して利益が少ないと経営効率が悪いとみなされることもあります。オフバランス化により総資産利益率が改善されると、資産が効率的に利益にむすびついていると評価されるのです。売掛金が多すぎる場合、売掛債権流動化により貸借対処表をオフバランス化することで、企業価値が高まります。
また、売掛債権の流動化により、キャッシュフローを改善することができます。キャッシュフローとは、お金の流れを示す決算書のことです。キャッシュフローが改善すると、会社の経営状態が安定します。
決算書の一つであるキャッシュフロー計算書は、企業が経営活動によりどれくらいのキャッシュを生み出したかを評価するために利用されるものです。売掛債権流動化により健全なキャッシュフローを示すことで、企業の業績評価につながる可能性があります。つまり、売掛債権流動化は企業の評価を上げるというメリットもあるのです。

 

コストがかかるのは売掛債権流動化のデメリット

売掛債権流動化のデメリットは、資金調達にコストがかかるという点が挙げられます。売掛債権は支払い期日が到来するまで待った場合、売上金として満額を受け取ることが可能です。しかし、売掛債権を流動化すると手数料や利息などがかかるため、売上金の一部が減少してしまいます。もし、売掛債権を譲渡して現金化した場合、支払い期日まで待てば手に入るはずの金額が、手数料を差し引いた分しか手に入りません。また、売掛債権を担保として融資を受けた場合も、利息分を上乗せした金額を返済しなければならないためコストがかかります。その分、売り上げが減ってしまうということです。
たとえば、売掛債権を譲渡して現金化すると、売掛金額の1~30%の手数料がかかります。手数料は譲渡のしかたによっても変わってくるため、場合によっては高額な手数料を支払わなければなりません。手数料分の売り上げが減ってしまうことで、会社にとっては損失です。さらに、譲渡登記を行った場合、司法書士に支払う手数料や印紙代などの費用もかかります。
また、売掛債権を担保として融資を受ける場合も、金利や手数料がかかります。金利は金融機関によって異なりますが、年率3~15%くらいが相場です。そのため、売掛債権流動化を活用する際は、コストを考えて行う必要があります。キャッシュフローを改善するには有効な手段ですが、コストがかかることも念頭に入れて利用しましょう。

 

売掛債権流動化の種類1:ファクタリング

売掛債権流動化の一種として、ファクタリングという資金調達手法があります。ファクタリングとは、売掛債権をファクタリング会社に譲渡し、早期現金化することです。アメリカでは歴史が長く、売掛債権を有効活用する方法として一般的に行われてきました。日本でも徐々に普及しつつあり、ファクタリング会社も多く存在します。
ファクタリングには、2社間ファクタリングと3社間ファクタリングという2種類があります。2社間ファクタリングとは、売掛先に売掛債権譲渡の通知や承諾なしで契約する方法です。この場合、ファクタリングの契約はファクタリング会社と利用会社の2社だけで行われます。2社間ファクタリングのメリットは、売掛先に知られることなく資金繰りができるという点です。日本では、ファクタリングの利用はマイナスイメージとなることもあるため、2社間ファクタリングが広く行われています。反面、手数料が高いことがデメリットです。相場は譲渡する売掛債権金額の10~30%程度となっています。
一方、3社間ファクタリングは、売掛先に売掛債権譲渡を知らせたうえで資金調達する方法です。3社間ファクタリングのメリットは、手数料が安いことです。譲渡する売掛債権金額の1~5%程度が相場とされています。ただし、手数料は安いものの、売掛債権譲渡の事実を取引先に知られるため、信用を失う可能性があることがデメリットです。それぞれのメリットとデメリットを知ったうえで利用しましょう。

 

売掛債権流動化の種類2:売掛債権担保融資

ファクタリングのほかにも、売掛債権流動化の一種として売掛債権担保融資という資金調達手法があります。売掛債権担保融資とは、売掛債権を担保にお金を借りられる融資制度のことです。売掛債権担保融資は、売掛債権の譲渡登記が可能になったことから一般的に行われるようになりました。譲渡登記を行うことで法的に債権の所有権を主張できるようになります。また、譲渡登記により売掛先の承諾を得る必要もなくなりました。
売掛債権担保融資は、売掛先に知られることなく売掛債権を担保として融資を受けられる制度です。金利も無担保ビジネスローンに比べて低く、審査にも通りやすいといわれています。また、経済産業省も売掛債権の活用を推奨しており、2001年には売掛債権担保融資制度ができました。この制度では、売掛債権を担保として融資を受ける際に信用保証協会から債務を保証してもらうことができます。国の施策として行うことで、売掛債権流動化を促進することが狙いです。
さらに、2006年には流動資産担保融資保証制度も開始されました。この制度は、ABL(Asset Based Lending)「流動資産担保融資」と呼ばれることもあります。ABLは、売掛債権担保融資よりも広い意味で使われ、売掛債権だけでなく機会や車などの流動資産を担保として融資を受ける制度です。中小企業の資金繰りの正常化を目的に行われています。この制度の場合も、信用保証協会から債務保証を受けることが可能です。

 

売掛債権流動化の種類3:売掛債権証券化

売掛債権証券化による資金調達も、売掛債権流動化の一種です。売掛債権証券化とは、売掛債権を金融商品化して販売する手法のことをいいます。証券化できる売掛債権は、すでに納品が済んでいて代金の請求が行われているにもかかわらず、支払い期日が到来していないため現金化していない債権です。
売掛債権を金融商品化、あるいは証券化するには、信託銀行を利用して売掛債権を証券化させる必要があります。信託銀行を通して特別目的会社(SPV)に売掛債権を買い取ってもらい、対価を受け取ります。特別目的会社とは、証券化を目的とする事業団体のことです。特別目的会社は売掛債権の証券化商品を発行したり、銀行から資金を借り入れたりすることで資金調達を行います。
証券化した売掛債権は投資家向けに販売されます。信託銀行は債権を証券化することで、企業と投資家を媒介する役割を果たしているのです。利用会社は売掛債権回収後、回収した現金を特別目的会社へ支払います。特別目的会社は入金された資金で証券化商品の償還や借入金の返済を行うという仕組みです。
この仕組みを利用することで、会社は売掛債権を早期に現金化することができます。また、万一、債権の回収ができなかった場合でも、利用会社が調達した資金を返済する義務はありません。そのため、利用会社は債権回収のリスクを軽減できるというメリットがあります。

 

売掛債権流動化ならファクタリングがおすすめの理由

売掛債権流動化のなかでも、ファクタリングは最も利用しやすい資金調達手法といえます。その理由は、ほかの方法よりも手続きの手間がかからないからです。売掛債権担保融資は手続きや審査に日数がかかります。また、売掛債権証券化も信託銀行や特別目的会社を通さなければ利用できないため、手続きが複雑で時間もかかるでしょう。しかし、ファクタリングなら書類のやり取りや審査に時間がかからないというメリットがあります。特に、2社間ファクタリングの場合は、ファクタリング会社と利用会社の契約だけで済むため、最短即日現金化も可能です。
また、融資とは違い、資金を返済する必要がありません。2社間ファクタリングの場合は、回収した売掛金をファクタリング会社へ送金する必要があります。しかし、支払いは1回だけで、毎月返済する必要はないのです。しかも、万一売掛先が倒産し、売掛債権が回収できなかった場合も返済の義務はありません。つまり、未回収リスクがないということです。融資の場合、返済不能に陥った場合は売掛債権を譲渡する必要があります。しかし、ファクタリングなら、最初から売掛債権を譲渡することで現金化できます
ファクタリングは、融資に比べて審査に通りやすいというのもおすすめの理由です。売掛先の信用力が高ければ、利用会社の経営状況は悪化していても利用できる可能性があります。審査基準が異なるため、融資で断られた場合でも審査に通る可能性があるのです。資金繰りに困ったら、ファクタリングの利用を考えてみましょう。

 

塩漬けになっている売掛債権を流動化しよう

経営状態を安定させるためには、キャッシュフローの改善が必要です。売掛債権は支払い期日が到来すれば現金として使えますが、支払いまでの期間が長いと塩漬け状態になってしまいます。資金繰りが厳しい中小企業は、売掛債権を流動化させることで資金の流れを改善することができます。特に、ファクタリングはほかの方法よりも利用しやすいのがメリットです。エースプロジェクトなら安心して取引ができるため、検討してみましょう。