だまされないために!ファクタリング会社の儲かる仕組みを知ろう

ファクタリングは適切に活用すれば、早期に資金繰りを改善して経営を安定化させることにつながります。しかし、ファクタリング会社の基本的な構造がわからないと「この業者は大丈夫だろうか」といった不安を抱いてしまうものでしょう。せっかく取引を行うならば、信用できる会社と契約したいと考えるのは自然なことです。今回は、ファクタリング会社が儲かる仕組みを紹介し、悪徳業者にだまされないためのポイントを詳しく紹介します。

ファクタリング会社の利益は何?

ファクタリングは、会社や個人事業主が保有する売掛金などの売掛債権を専門業者に買い取ってもらう仕組みです。利用者側にとっては借入を行わずに、売掛金という資産を売却するだけなので、資金繰りの改善やビジネスチャンスの拡大に活用することができます。ファクタリング会社は数多くあるものの、基本的な利益としては利用者から売掛債権を譲渡してもらったときに受け取る手数料が収入源となるのです。誠実に営業を行う業者であれば、契約時までに必要となる費用を明示してくれるでしょう。

ファクタリングの手数料は法律によって決められているものではなく、それぞれの業者が独自の判断で設定しています。ファクタリングを利用する際には、複数の業者に見積書の発行を依頼するなどして、支払う手数料とサービス内容を比較してみましょう。また、契約の形態や売掛債権の信用力などによっても手数料は変化してきます。利用者側からすれば手数料が低いに越したことはないものの、なかには悪徳業者もいるので注意が必要です。担当者の対応やサービスの質をよく検討したうえで、納得のいく手数料を設定している業者を選んでみましょう。

 

2社間と3社間で手数料が違う理由

ファクタリングには契約形態によって、「2社間ファクタリング」と「3社間ファクタリング」があります。2社間ファクタリングは、利用者とファクタリング会社が契約をするものであり、売掛先が契約に直接関与することはありません。売掛先にファクタリングを行った事実を知られずに済むため、取引に悪影響が出てしまう不安がある場合には2社間で契約を行うほうが良いでしょう。ただ、ファクタリング会社からすると売掛債権の信用調査を行うための手間がかかり、売掛債権の未回収のリスクも背負ってしまいます。そのため、手数料も10~30%と高めに設定されているのが一般的です。

その一方で、3社間ファクタリングでは利用者とファクタリング会社に加えて、売掛先も契約に関与します。3社間での契約のメリットは、売掛債権の未回収リスクが低くなるため、手数料が1~5%と安い点です。しかし、ファクタリングを行うために売掛先の承諾が必要になるので、時間がかかってしまうデメリットもあります。ファクタリングを実施するときには手数料の違いを念頭に置いたうえで、経営状況に合わせた選択を行ってみましょう。

 

悪徳金融業者の儲け方1:高利貸し

ファクタリング会社のなかには、悪徳金融業者も少なからず存在しているので注意をしておく必要があります。ファクタリングはそもそも、売掛債権の譲渡であるため融資にはあたりません。それにもかかわらず、表向きはファクタリングであることを謳いながら、法外な利息をつけて利益を得ようとする業者もいます。実質的には高利貸しであり、利息制限法に違反しているケースもめずらしくありません。訴訟や事件となっているものもあるので、あらかじめ過去の事例をチェックしておくと良いでしょう。

たとえ資金繰りを早期に改善する必要があったとしても、悪徳金融業者と契約をしてしまっては後からトラブルを招いてしまう要因となってしまいます。契約をしてから悪徳金融業者であることに気がついた場合はむやみに金銭を支払わずに、弁護士などの専門家にすぐに相談してみましょう。トラブルが起こってから放置をしてしまうと、売掛先などにも連絡がいってしまうケースもあるので、早めの対処が何よりも大切です。また、契約内容に対して不明な点や疑問点がある場合には、安易に契約を行わないのも予防策になるでしょう。

 

悪徳金融業者の儲け方2:相場以上の手数料

悪徳金融業者であるかを見極めるポイントとして、手数料の設定に注目してみる方法もあります。3社間ファクタリングと比べて、2社間の契約では手数料は高めに設定されているものの、一般的な基準としては30%までが目安です。この水準を超えてしまう場合には、利用者が受け取れる利益が大幅に少なくなってしまいます。したがって、明らかに相場よりも高い手数料を設定している業者とは、契約をしないほうが無難です。また、ファクタリングの契約は非課税取引となるため、契約する際に消費税は発生しません。仮に消費税を要求してくる場合は、悪徳金融業者である可能性が高いので契約を控えるようにしましょう。

業者のなかには、初めは相場よりも低い手数料を謳い、契約時や契約後に法外な手数料を要求してくるところもあります。単に手数料の安さだけに意識を向けてしまうのではなく、本当に信用できる業者なのかをしっかりと見極めることが大切です。

 

悪徳金融業者ではないものの注意が必要な会社とは?

ファクタリング会社のなかには、悪徳金融業者とまでは呼べないものの、注意が必要な会社もあります。まず、「償還請求権」をつけようとする業者との契約は控えたほうが良いでしょう。償還請求権とは売掛先が支払い不能に陥ったり、倒産してしまったりした場合に利用者側が債務を弁済する仕組みを指します。契約内容にもよるものの、一般的にファクタリングの契約においては償還請求権を設定しないのが基本だといえるでしょう。なぜなら、償還請求権がついていればファクタリング会社は債権の回収リスクをほとんど負わないことになるからです。契約内容がとても不公平なものとなってしまうので、安易に契約を結ばないように気をつけましょう。

また、契約に関する説明が丁寧ではない業者も選ばないほうが無難です。契約書に盛り込まれている内容を利用者側もきちんと把握していなければ、後からトラブルに発展してしまうケースもあります。契約内容に関する説明が雑だったり、曖昧にしたりする業者に対してはしっかりと説明を求めていくことが大切です。ファクタリング契約は法律行為でもあるので、正しく理解をするように努めてみましょう。そして、相場の範囲内であっても手数料が高い会社にも注意が必要です。手数料はサービス内容と比較して判断する必要があるので、高ければ悪い業者というものではないものの、手数料の内訳や根拠についてきちんと説明を求めてみましょう。納得がいく手数料の設定になっているのかを見極めることが重要です。

ファクタリングで損をしないためにも、利用の際には相見積もりを行うことを意識してみましょう。初めから1社に絞り込んでしまうのではなく、複数の業者を見比べてみることが大切だといえます。各社のサービスや手数料を比較していくなかで、最適な業者を選んでいけるはずです。

 

悪徳金融業者の見分け方1:対面を避けたがる

悪徳金融業者を見分けるポイントとして、何かと理由をつけて対面を避けたがる会社に注意をしておく点があげられます。ファクタリングにおける契約は、基本的に面談を行うのが一般的です。ファクタリング会社としても、利用者が信用できる相手かどうかを見極めたいといった理由もあります。したがって、対面することを避ける業者は事務所を構えていなかったり、実態がなかったりする会社である可能性が高いでしょう。業者のホームページには住所が記載されていたとしても、そのまま鵜呑みにしてしまうのは注意が必要です。また、会社の電話番号が掲載されているにもかかわらず、担当者個人の携帯電話ばかりから連絡がくるような場合も気をつけておきましょう。

ファクタリングを利用するときに時間的な余裕があるなら、実際に営業を行っているのか事務所の所在地を確認しておくと安心だといえます。また、Web上で閲覧できる口コミや評価なども参考にしながら、利用する業者を選んでいくことが大切です。

 

悪徳金融業者の見分け方2:契約書を出さない

悪徳金融業者であるときの典型的なパターンとして、契約書を発行しないという点があげられます。契約書の控えをくれなかったり、契約書そのものを作成しなかったりする業者には警戒が必要です。契約書の存在が不明確なまま契約を行ってしまうと、後から法外な手数料を要求されたり、償還請求権をつけられたりといった問題が発生してしまうもとになってしまいます。また、悪徳金融業者だと気がついた場合でも、契約書が手元になければ業者を訴えることも困難になってしまうでしょう。ファクタリングが法律行為であることを念頭に置いて、契約書を発行しなかったり、手渡してくれなかったりする業者との契約は避けたほうが無難です。

 

悪徳金融業者の見分け方3:担保の必要性を説く

ファクタリングは無担保・無保証で資金調達ができる点が大きな特徴です。銀行融資などでは担保や保証人を求められるのが一般的であるので、ファクタリングの仕組みは利用者にとって利便性の高いものだといえるでしょう。しかし、業者のなかには担保や保証人を要求してくるところもあります。この場合は、ファクタリングを装った融資である可能性があるので気をつけておきましょう。貸金業者ではないファクタリング会社が本来融資を行うことはできません。そして、ファクタリングそのものは融資ではなく、資産の売却であるため原則として無担保・無保証なのです。

手数料を低く抑えるために利用者側から担保や保証を申し出ることはあっても、業者のほうから催促してくることは優良な業者であればありません。安易に契約を交わしてしまうのではなく、担保や保証人を求められたときには「なぜ必要なのか」と説明を求めるようにしましょう。

 

信頼できるファクタリング会社の特徴

スムーズに契約を進めて資金調達を行うには、信頼できるファクタリング会社を利用することが大切です。優良な業者を見つければ安心してサービスが利用でき、いざというときの資金調達先として大きな役割を発揮してもらえるでしょう。優良な業者を見極めるポイントしては、まず手数料が相場の範囲内に収まっている点があげられます。ファクタリングの一般的な手数料としては30%までが目安であり、その範囲内であればサービス内容と比較して利用を検討してみるのも良いでしょう。何度も同じ業者を利用していると契約実績ができるため、利用すればするほど手数料を割り引いてくれるような業者もあります。

また、契約書の控えをきちんと渡してくれる業者であるかも確認しましょう。契約書の内容について不明な点が出たときに、きちんと答えてくれるような業者が信頼できるといえます。契約内容を曖昧なままにせず、しっかりと説明してくれる業者は誠実に営業を行っているはずです。見積書や請求書などについても、金額や項目について明示してくれる業者を選んでみましょう。利用者側の視点に立って営業を行っている業者であれば、数字や契約に関する事項をきちんと説明してくれるものです。

そして、担当者の説明や応対が丁寧であることも大事な要素でしょう。ファクタリングに限った話ではなく、一般的な会社としての形を整えているかは契約を交わすうえで大切でもあります。初めてファクタリングを利用するときには、複数の業者に電話やメールで問い合わせを行ってみましょう。いくら手数料やサービス内容の面で魅力的であっても、担当者の応対が悪ければ契約もスムーズには進んでいかない可能性があります。気持ち良く契約を交わせる優良な業者を見つけることがファクタリングを利用するうえで大切なのです。

 

儲かる仕組みを理解すればだまされるリスクも軽減!

ファクタリング会社も慈善事業ではないため、当然ながら儲けを得る仕組みというものがあります。しかし、法外な手数料を要求したり、担保や保証人を求めてきたりするところは悪徳金融業者である可能性があるので警戒が必要です。ファクタリングの基本的な仕組みを正しく理解したうえで、複数の業者を比較してみるようにしましょう。相見積もりをとることによって、手数料の相場やサービスの質を比べられます。特に、資金調達を急いでいるときはあまり検討をしないまま、業者と契約を交わしてしまう恐れもあるので気をつけておきましょう。

悪徳金融業者にだまされてしまわないためには、利用者側もファクタリングに関する知識を備えておくことが大切です。仮に、悪徳金融業者と契約をしてしまった場合には一人で悩まずに、弁護士などの専門家にすぐに相談をしましょう。悪徳金融業者は利用者側の知識不足につけ込んでくることも多いので、しっかりと理解を深めておくことが重要です。